17日の日経平均は前日比236.94円高の19,630.63円

17日の日経平均は日経平均は前日比236.94円高の19,630.63円、高値は19,726.01円、安値は19,628.84円。東証1部の出来高は22億5050万株、売買代金は2兆6513億円、値上がり銘柄数は1501銘柄、値下がり銘柄数は317銘柄、変わらずは96銘柄。日経平均は大幅反発。

前場の日経平均は3日ぶり反発。心配されたフランス同時多発テロからの欧米市場の動きは落ち着いていたことを好感。投資家の間に安心感が広がり朝方から買い先行スタート。その後も堅調に推移、日経平均株価は前日比で300円超上昇し高値圏でのもみ合い1万9700円台に乗せて前場を引けた。

後場の日経平均は本日高値圏でのもみ合い。引き続きパリでの同時多発テロの影響が欧米株式市場への影響が限定的だったことから過度の警戒感が後退。底堅く推移した。また、為替が円安基調、中国などアジア市場が堅調だったことも追い風となった。午後14時3分にはこの日の高値となる332円32銭高の1万9726円01銭まで上昇す場面があったものの、引けにかけて上げ幅を縮小した。

東証33業種では、保険業を除いた32業種が上昇し、鉄鋼、石油石炭製品、水産・農林業、鉱業、パルプ・紙などが値上がり率上位となった。個別では、東証1部の値上が率トップはドリームインキュベータ(4310)、2位はフジクラ(5803)、3位IBJ(6071)。一方、値下がり率トップはアイスタイル(3660)、2位はアジアパイルホールディングス(5288)、3位は生化学工業(4548)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ