3日の海外動向と本日の相場見通し トランプ「オオカミ少年化」で日米株式市場は調整

4日の大阪ナイトセッションの日経平均先物6月物は前日比60円安の18990円、高値は3日19時31分の19050円、安値は4日01時02分の18900円でした。3日のNYダウは続落、週末比13.01ドル安の20650.12ドルでした。3月の米ISM製造業景況感指数が弱い数字だったことで米長期金利が低下し、金融株が売られました。また、ロシアのサンクトペテルブルグでの地下鉄爆破事件に加え、上院でトランプ大統領が指名した米連邦最高裁判事の承認が遅れていることも嫌気されました。NY原油先物相場は5日ぶりに反落、WTI期近の5月物は前週末比0.36ドル安の1バレル50.24ドルでした。NY円相場は1ドル=110円85~95銭の50銭円高・ドル安でした。

 

トランプ政策では、看板政策だった移民制限は裁判所にとめられ、オバマケアの代替法案は議会調整が進まず、採決の延期に追い込まれるなど、立て続けに政策実現に失敗したことで、トランプ大統領は求心力を失いつつあります。また、大幅減税や積極的なインフラ投資といった看板政策の実現にはまだ時間がかかる見通しです。こんな状態ですから、一部では、トランプ大統領は、まるで「オオカミ少年」のようになりつつあると指摘される始末です。

 

こうなると、「トランプノミクス実現」期待で上がった相場は下がり易くなりますね。本日の日経平均の想定レンジはナイトセッションの終値18990円±100円です。日経平均は、ドル/円相場を横目に睨みながら神経質に動くでしょう。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ