スナップチャット関連銘柄

スナップチャット運営会社が上場申請。最大250億ドル規模

snapchat

「Snapchat(スナップチャット)」を運営する米スナップは、2月2日に米証券取引委員会にIPOを申請した。上場時の時価総額は最大で250億ドル(約2兆8000億円)規模となる見通しで、2014年上場のアリババに次ぐビッグIPOとして注目されている。

以前よりスナップチャットの上場は噂されており、スナップチャット関連銘柄を探す動きはあったが、日本では利用者が少なく、関わっている企業もほとんどないのが現状。

今回のスナップチャットIPO申請で再びスナップチャット関連銘柄が注目を集めると予想されるが、未だ関連する銘柄は2社のみとなっている。

今後、スナップチャットの日本での普及が進むに連れ、スナップチャット関連銘柄も増えてくるかもしれない。そうなった場合でも、真っ先に業務提携を結んだこの2銘柄が本命視されてくるだろう。

スナップチャット関連銘柄一覧

コード 銘柄名 企業情報・業務内容
6081 アライドアーキテクツ 同社のグループ会社であるReFUEL4 Pte. Ltd.(リフュールフォー社)は、Snapchat(スナップチャット)広告パートナープログラム「Snapchat Partners」において、Creative API Partners(クリエイティブAPIパートナー)に認定された。
6050 イー・ガーディアン Snapchat(スナップチャット)を活用したスマホネイティブ世代向けコミュニケーション支援サービスの提供を行う。日本では未だ利用者数の少ないスナップチャットの普及や企業アカウント運用の支援などを行っていく予定。

Snapchat(スナップチャット)とは

 

Snapchat(スナップチャット)は、Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)と同じくSNSアプリ一つ。テキストや写真、動画をネットに公開し、共有することができる。

スナップチャットには、容易に画像を加工することができるフィルターがあり、これが人気の要素とも言われている。ただ、それは他のSNSアプリにも実装されている機能だ。

スナップチャットが人気化した最大の要因、それは「閲覧後1秒~10秒で写真や動画が見られなくなる」という機能だ。この機能によりスナップチャットは一気に普及し、日々1億人以上のアクティブユーザーを抱える大ヒットアプリへと成長を果たした。

気軽さ&活発なやり取りがヒット要因

「閲覧後1秒~10秒で写真や動画が見られなくなる」という機能がスナップチャットが人気化した理由と書いたが、なぜこれがヒットへと繋がったのか。

最大10秒で写真も動画も消えてしまうということから、他人の評価などを一切気にせず、その場のノリだけで気軽に写真、動画をアップできるということがティーンエイジャーの人気に繋がったという考察がある。

また、短い時間でコンテンツが見られなくなってしまう為、その場ですぐに返信しなければならないという意識を働かせ、活発なやり取りを促すことに成功している。これが桁違いのアクティブユーザー数を生み出す結果に繋がっている。

Snapchat(スナップチャット)と他SNSとの比較

Snapchat(スナップチャット)、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)、そして日本国内で最も人気のあるSNSアプリ、LINE(ライン)とを比較してみた。

※最新情報と数値がずれている可能性あり。正確な数値は各社の決算資料を確認欲しい。

Snapchat(スナップチャット)

時価総額 1兆7000億円(見通し)
売り上げ 440億円
収益 -550億円
利用者数
アクティブユーザー数 1億5000万人/日

Twitter(ツイッター)

時価総額 1兆5000億
売り上げ 2500億円
収益 -300億円
利用者数 3億人
アクティブユーザー数 1億3000万人/日

Facebook(フェイスブック)

時価総額 35兆円
売り上げ 3.5兆円
収益 +1兆円
利用者数 17億人
アクティブユーザー数 12億人/日

Instagram(インスタグラム)

Instagram

時価総額 フェイスブック傘下
売り上げ 1800億円
収益
利用者数 5億人
アクティブユーザー数 3億人/日

LINE(ライン)

LINE

時価総額 8000億円
売り上げ 1200億円
収益 +80億円
利用者数 2億2000万人
アクティブユーザー数 1億5000万人/日

2017年の上場が期待される未上場大型企業

スナップチャット以外にも、今年の上場が期待される未上場大型企業が複数ある。

Uber(ウーバー)「ライドシェア」

Uber

時価総額は約7兆円。世界中で注目されるライドシェア企業の最大手。ウーバーが上場となればライドシェア関連銘柄が注目を集めそうだ。

Airbnb(エアービーアンドビー)「民泊」

Airbnb

時価総額は約3兆円。世界最大手の民泊仲介サイト。日本では未だ完全解禁となっていない民泊だが、エアビーが上場となれば民泊関連銘柄がまた盛り上がることは必至だろう。

mercari(メルカリ)「フリマアプリ」

mercari

時価総額は0.1兆円。上記2銘柄と比べれば時価総額は小さいが、日本発のベンチャー企業ということで注目度は高い。今年はメルカリ関連銘柄も注目を集めるかもしれない。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ