スマート農業関連銘柄にマミヤ・オーピー(7991)追加

無人農機、政府は2020年の実用化目指す

スマート農業

TPP(環太平洋経済連携協定)が合意に達し、日本は世界の農業家とグローバルな戦いを強いられることとなる。これまでの農業を一新し、「攻めの農業」へと方向転換することが急務と言える。

その「攻めの農業」を実現するには農業のIT化、スマート農業を進める必要があるだろう。

その取り組みの一つとして、政府は無人農機の2020年実用化を目指すと表明。既に無人農機の研究、開発は進んでおり、トラクターなどは人的操作を必要としないものとなりつつある。

政府は2016年中には農機の自動走行に関する指針をまとめ、2018年には一部の無人化を実現、そして2020年には完全な自動化を目指す考えだ。TPPの施行に伴い、日本の農業が世界の農業と戦える地盤を固めたいという考えだろう。

農業IT化関連銘柄、スマート農業関連銘柄はチェックしておきたい。

>>農業IT化関連銘柄の特集はこちら

スマート農業関連銘柄に自律走行芝刈り機のマミヤ・オーピー(7991)を追加

自動運転の有力ベンチャー企業、ZMP社と研究を続けてきたマミヤ・オーピー(7991)、遂に自律走行芝刈り機が実用化となりそうだ。

GPSを利用したこの自律走行システムは芝刈り機だけでなくトラクターなどの農業機器にも応用が可能。農業IT化関連銘柄、スマート農業関連銘柄としてマミヤ・オーピー(7991)が本命視され始めている。

>>スマート農業関連銘柄の特集はこちら

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ