個別銘柄情報(1/16分)

ライト工(1926)、野村は「Buy」でカバレッジを開始
1221円 24円高
野村證券は、同社について、新規に投資判断を「Buy」、目標株価を1490円でカバレッジを開始した。公共事業の発注減少などもあり、16.3期下期から17.3期上期にかけて受注環境の改善が停滞していたが、公共事業の発注モメンタムは改善しており、今後は16年度第2次補正予算の好影響も顕在化する考えたという。営業利益は17.3期以降に前期比7%増、18.3期同12%増、19.3期同6%増と、増益が継続すると予想したようだ。

群馬銀(8334)、野村は投資判断を引き下げ
626円 15円安
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Buy」から「Neutral」に引き下げ、目標株価は同570円から710円に引き上げた。レーティング引き下げ要因は株価が上昇し、他地銀に比して割安感に乏しくなったためだという。注力しているアパートローンの貸出金利回りは1.21%(17.3期上期)と前年同期比15bp低下しており、競争は激しい点には注意が必要だそうだ。

7&I-HD(3382)、野村は目標株価を引き上げ
4759円 73円安
野村證券は、同社の投資判断「Buy」を継続し、目標株価を従来の5200円から5500円に引き上げた。9~11月決算では、セブン-イレブン・ジャパンの安定増益に加え、イトーヨーカ堂の赤字削減なども確認されたという。新経営体制の「100日プラン」の発表時には株式市場の一部で失望もあったが、現実路線で着実に構造改革に取り組んでいる印象だそうだ。コンビニのFC契約変更による本部負担増への懸念は残るが、中期視点では同社の競争力強化に繋がるとみているという。

LIXILグループ(5938)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
2702円 6円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の2150円から2540円に引き上げた。従来予想に対し17/3期は80億円、18/3期は100億円、19/3期は120億円増額修正したという。主な変更点は、(1)海外水回り事業の良好な推移を織り込んだこと、(2)海外ビル建材事業の採算悪化を見込んだこと、(3)為替前提を、1米ドル=110円から115円へ、1ユーロ=125円から120円へ変更したこと、だそうだ。

ホンダ(7267)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
3445円 1円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の3800円から4200円に引き上げた。業績予想を、為替前提変更(17/3期4Q以降、1ドル=従来110円→今回115円、1ユーロ=115円→120円、その他通貨は2016年11月18日時点→2017年1月6日時点)の影響等を見直す一方、販売台数予想(17/3期売上台数は368.5万台〈会社計画370.5万台〉、18/3期は379.5万台、前期比3%増)は据え置いたという。17/3期予想の営業利益は7800億円→8000億円(前期比59%増、会社計画6500億円)、18/3期予想は8250億円→9150億円(14%増)に上方修正したそうだ。

日産自(7201)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
1153.0円 7.0円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価「1」を継続し、目標株価を従来の1800円から1900円に引き上げた。業績予想を、為替前提変更(17/3期4Q以降、1ドル=従来110円→今回115円、1ユーロ=115円→120円、その他通貨は2016年11月18日時点→2017年1月6日時点)、販売台数予想(17/3期427.5万台→424.5万台〈会社計画430.0万台〉、18/3期450.0万台→448.0万台、前期比6%増)等を見直し、17/3期予想の営業利益7300億円→7600億円(会社計画7100億円)、18/3期予想9000億円→9300億円(前期比22%増)に上方修正したそうだ。

いすゞ(7202)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
1513.0円 7.5円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価「1」を継続し、目標株価を従来の1600円から1900円に引き上げた。業績予想を、為替前提変更(17/3期4Q以降、1ドル=従来110円→今回115円、その他通貨は2016年11月18日時点→2017年1月6日時点)、販売台数予想(17/3期50.3万台→50.6万台〈会社計画50.8万台〉、18/3期51.3万台→52.5万台、前期比4%増)などを見直したという。17/3期予想の営業利益は1580億円→1640億円(会社計画1,500億円)、現中期経営計画の最終年度(16/3~18/3期、売上高目標2兆2000~3000億円、3ヵ年平均営業利益率9%)となる18/3期予想は1820億円→1930億円(18%増)に上方修正したそうだ。

トヨタ(7203)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
6827円 55円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価「1」を継続し、目標株価を従来の8000円から8500円に引き上げた。業績予想を、為替前提変更(17/3期4Q以降、1ドル=従来110円→今回115円、1ユーロ=115円→120円、その他通貨は2016年11月18日時点→2017年1月6日時点)、販売台数予想(17/3期は892万台→888万台〈会社計画885万台〉、18/3期は922万台→912万台、前期比3%増)、「収益改善」効果等を見直し、17/3期予想の営業利益は1兆9000億円→1兆9800億円(31%減、会社計画1兆7000億円)、18/3期予想は2兆4500億円→2兆6200億円(32%増)に上方修正したそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ