個別銘柄情報(2/14分)

日信工業(7230)、野村は投資判断を引き下げ
1997円 3円高
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Buy」から「Neutral」に引き下げ、目標株価は同1650円から1900円に引き上げた。東南アジアでの着実な利益拡大、インドでの高付加価値なブレーキの普及といった利益成長要因があるという。一方、北米での収益性がまだ不安定であるほか、AutolivとのJV(持分法)からの大きな利益貢献が短期的に見込み難い点がリスク要因だそうだ。業績改善を見込んではいるがPERから見た割安感に乏しいと判断したという。

エフ・シー・シー(7296)、野村は投資判断を引き上げ
2268円 48円高
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」に引き上げ、目標株価を同1850円から2700円に引き上げた。米国にて四輪車用クラッチのホンダ(7267)外への売上拡大がさらに進むと予想されるほか、アジアでも着実な利益拡大が続き、19.3期にかけて高い増益率が続く点が魅力だという。インド二輪車市場の減速や米国での新製品立上げコストの継続は短期では見込まれるが、むしろ18.3期からの業績拡大に注目すべきと考えたそうだ。

TSテック(7313)、野村は投資判断を引き下げ
2889円 14円高
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Buy」から「Neutral」に引き下げ、目標株価を同3300円から3100円に引き上げた。同社は営業レバレッジが低く、短期的な利益のモメンタムの点では他の自動車部品メーカーに見劣りするという。ホンダ(7267)外への拡販などを背景とした一段の売上高成長、生産性向上によるさらなる利益率改善が見えてくるまでは強気のスタンスでは臨み難いと判断したそうだ。

アルバック(6728)、野村は投資判断を引き上げ
4745円 700円高のストップ高
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」に引き上げ、目標株価を同3525円から5459円に引き上げた。今回の決算発表とFPDの超大型基板向けの設備投資の急拡大を受けて、野村の業績予想を修正したという。野村の1FPD露光装置の限界利益率の前提は17.6期が35%で前回から不変、18.6期はOLED向けの開発案件の増加から35%から33%へ引き下げたそうだ。

ミネベア(6479)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
1414円 202円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の1200円から1500円に引き上げた。ミツミ事業のSMBC日興営業利益予想を、17/3期20億円(2~3月の2ヵ月分)、18/3期73億円、19/3期116億円と予想(従来は0億円、40億円、82億円)したという。ゲーム機器の収益貢献予想はほぼ据え置き、OISを中心とした既存事業の改善を織り込んだそうだ。ミツミの17/3期3Q営業利益は、減損等の影響を除くと30億円程度になるという。

スクリーン(7735)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
7740円 110円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の7050円から8240円に引き上げた。17/3期3Qの想定を上回るSE(SPE)受注等に鑑み18/3期以降を中心にSMBC日興予想を上方修正したという。一方、(1)韓国最大手メモリ企業向け洗浄装置の納入は限定的に留まる公算が大きい、(2)FT(FPD製造装置)事業では18/3期までは高水準維持ながら、10.5世代ライン向け案件獲得が困難で、19/3期には大幅減収・減益となり全社でも減益となる可能性が高いとの見方を継続したそうだ。

東エレク(8035)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
11660円 55円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価「1」を継続し、目標株価を従来の12400円から14500円に引き上げた。17/3期通期業績は、売上高7650億円(前期比15%増、従来SMBC日興予想比±0億円)、営業利益1420億円(22%増、+20億円)、純利益1020億円(31%増、+20億円)を予想したという。同社では2016年末にかけてのタイミングで受注が大幅に増加したことから従来会社計画を据え置いたが、若干上振れ余地があると判断したそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ