個別銘柄情報(3/10分)

第一生命(8750)、野村は投資判断を引き上げ
2343円 79.5円高
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」に引き上げ、目標株価を従来の1490円から2960円に引き上げた。外部金融環境の好転を主因に、利息・配当収入の改善、有価証券売却益の改善を見込み、親会社株主利益を上方修正したという。また、金利前提の変更により、EV予想を引き上げたそうだ。同業他社比で高い予想EVや一株あたり利益の成長が株価をサポートすると想定しているという。

T&DHD(8795)、野村は投資判断を引き上げ
1924円 92円高
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」に引き上げ、目標株価を従来の1090円から2180円に引き上げた。利息・配当金収入の増加が見込まれ、生命保険会社の企業価値を示すエンベディッド・バリュー(EV)が増加するだけでなく、相対的に同業他社比で高い資本余裕度は一層改善し、アドバンテージを維持すると想定されるという。この点からは、同社の株主還元が拡大することが期待されるそうだ。

タチエス(7239)、いちよしはフェアバリューを引き上げ
2295円 35円高
いちよし経済研究所は、同社のレーティングは「B」に据え置いたが、フェアバリューを従来の1900円から2300円に引き上げた。2017.3期3Q(10-12月)実績をふまえて、2017.3期および中期営業利益予想を上方修正したという。販売増に支えられた国内稼働率の上昇が、連結利益を押し上げると考えたそうだ。また、米テスラ向けフレーム受注が事実なら、今後の展開が期待されるとも。

オプト(2389)、いちよしはフェアバリューを引き上げ
1050円 12円安
いちよし経済研究所は、同社のレーティングは「B」に据え置いたが、フェアバリューを従来の1900円から2300円に引き上げた。同社の売上高・営業利益については16.12期4Q(16年10-12月)実績および17.12期通期会社計画ともにいちよし前予想を若干上回っているという。主力のマーケティング事業(広告)が順調であり、いちよしでは今後の売上高・営業利益の予想を上方修正したそうだ。また、同社の出資支援先のなかでは「ラクスル」が有望とみているという。

きんでん(1944)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
1572円 11円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の1400円から1500円に引き上げた。SMBC日興では、建築需要増加と完成工事総利益率の向上により18/3期に過去最高営業利益(95/3期366億円)を更新すると予想したという。今後は、資金の有効活用や、増配などの株主還元の強化に期待したいそうだ。関西電力の厳しい経営環境は続いているが、原子力プラントが再稼働せずとも配電工事が減少傾向に転じる可能性は小さいと想定したという。

クルーズ(2138)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
2948円 29円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価「1」を継続し、目標株価を従来の2920円から3400円に引き上げた。インターネットコンテンツ事業の大半を売却したことによる17/3期及び18/3期営業利益の伸び悩みは概ね株価に織り込まれ、今後は利用者数拡大による取扱高の成長加速に目を向けるべき局面に入ったと考えたそうだ。2017年初に公開したテレビコマーシャルが「SHOPLIST.com by CROOZ」の認知度を向上させており、その成果は年間購入者数の増加、取扱ブランド数の増加という形で顕在化しているという。

カカクコム(2371)、SMBC日興は目標株価を引き下げ
1630円 11円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価「3」を継続し、目標株価を従来の1750円から1600に引き下げた。価格.com事業において、家電関連(価格比較、広告)をマイナス成長と想定、消費財も17/3期2Q、3Qでの減収を踏まえ、見通しを引き下げたという。一方、食べログ事業はARPUと有料レストラン数の緩やかな上昇により、コンセンサス同様の安定的な増収は可能と考えているそうだ。

セコム(9735)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
8329円 134円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の8900円から9000円に引き上げた。17/3期3Q決算を踏まえて、17/3期以降の利益予想を若干上方修正したという。3Qまでの状況は、(1)セキュリティサービス事業は外形標準課税、退職給付費用、広告宣伝費等の費用増加、前期買収したアサヒセキュリティののれん償却費負担等により営業利益は前年同期並みに留まっているが、(2)不動産、情報通信、保険事業などの収益貢献により、トータルでは前年同期比4%の営業増益となっているそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ