個別銘柄情報(4/13分)

コスモス薬品(3349)、野村は目標株価を引き上げ
22950円 160円高
野村證券は、同社の投資判断は「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の21500円から23000円に引き上げた。17.5期業績は特売抑制による採算改善で好調を予想するという。Q4以降は客単価上昇による売上拡大で増益確保すると見たそうだ。18.5期は熊本震災特需の剥落や人件費など経費増加が減益要素となろうが、新店効果で前期比7%営業増益と堅調の予想だという。

リコー(7752)、野村は目標株価を引き下げ
916円 9円高
野村證券は、同社の投資判断は「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の1038円から1022円に引き下げた。4月12日に、会社は20.3期を最終年度とした第19次経営計画を発表。会社が掲げる数字目標は、20.3期に、17.3期比で構造改革効果1000億円以上、営業利益1000億円以上、18.3期からの3年間合計のFCEF(ファイナンス事業を除くFCF)1000億円以上だという。今回の発表は構造改革中心で、成長戦略や配当政策についてコメントはなかったが、野村では業績予想と目標株価を見直したそうだ。

千葉銀(8331)、野村は目標株価を引き下げ
700円 2円安
野村證券は、同社の投資判断は「Buy」に据え置いたが、目標株価を従来の1080円から900円に引き下げた。中計説明会を踏まえ、業績予想を変更したという。役務利益を強化する中計はポジティブな内容と野村では考えているが、野村予想では、会社計画比業績を弱めに見ている理由は、1)短期金利を19年度まで横ばいで想定していること、2)同行の様々な施策を評価し、役務利益増加を野村予想に織り込んだものの、市況変動リスク等も勘案し、会社計画比では保守的に想定していること、等が主な理由だそうだ。

三菱UFJ(8306)、CSは目標株価を引き下げ
354.7円 9.0円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価は「OUTPERFORM」に据え置いたが、目標株価を従来の890円から860円に引き下げた。FY17/3での与信関係費用増加などで業績予想を微調整したという。ただ特に海外における現地拠点の強さは他のメガバンクと比べて際立っており、業績は回復に向かうと見ているそうだ。規制緩和や減税の恩恵を受ける可能性もあり、ダウンサイドは小さくアップサイドは大きいと考えているという。

みずほ(8411)、CSは目標株価を引き下げ
190.0円 2.8円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資判断は「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の250円から240円に引き下げた。FY17/3での与信関係費用増加などで業績予想を微調整したという。国内外金利は底打ちしているものの、資金利益の回復にはFY17/3にあった一過性要因を補うだけの力強さはなく、業績面で真価が問われる年になると考えているそうだ。

リクルート(6098)、みずほは目標株価を引き上げ
5540円 50円安
みずほ証券は、同社の投資判断「買い」を継続し、目標株価を従来の4500円から6250円に引き上げた。人材系の需給は18/3期も国内外で逼迫が予想され、販促メディアもAirREGIが課金を本格化し、販促効率も上がる見込みだという。海外人材のIndeedは、業績的に21/3期にかけて加速し、その全社的なEBITDA構成比は17/3期の10%弱から21/3期には1/4近くに上がると考えているそうだ。Indeedは未だ先行投資期にあるため、みずほ証券予想から上振れる余地も大きいという。

ニプロ(8086)、MUMSSはレーティングを引き上げ
1633円 85円高
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティングを従来の「Neutral」から「Overweight」に引き上げ、目標株価を同1380円から2170円に引き上げた。17/3期4Q以降の為替前提見直し(USD:100円→110円、EUR:110円→115円)によるプラス影響に加えて、医薬品受託製造事業の収益拡大を反映し、MUMSS業績予想を上方修正したという。受託製造事業は、付加価値の高い新薬に注力しており、後発医薬品の単価下落によるマイナス影響が限定的と考えられることが上方修正の主な理由だそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ