個別銘柄情報(4/19分)

メディシノバ(4875)、CSは「OUTPERFORM」でカバレッジを開始
638円 32円高
クレディ・スイス証券は、同社について、新規に投資評価を「OUTPERFORM」、目標株価を750円でカバレッジを開始した。同社は、中枢神経系および線維性疾患などをターゲットとする低分子薬の臨床開発に注力するベンチャー企業であり、23/12期に黒字化を予想したという。イブジラストは進行型多発性硬化症(MS)を対象にフェーズ2bが進行中であり、開発が成功すると、当疾患にとっては数少ない治療選択肢となるため、潜在的には18億ドルの市場規模が見込めるとCSでは見ているそうだ。

新生銀(8303)、CSは目標株価を引き上げ
196円 5円高
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価「OUTPERFORM」を継続し、目標株価を従来の280円から300円に引き上げた。消費者ローン事業が順調に拡大する中、不良債権処理や投資損失の可能性は低いと考えたという。CSが予想するFY17/3末200億円の自社株買いは市場に織り込まれておらず、実現すればアップサイドは大きいと考えているそうだ。消費者ローン残高は順調に増加する一方、過払い利息返還金は減少を続けており、来期には引当金の戻入益も期待できると見たという。

Jトラスト(8508)、CSは目標株価を引き下げ
834円 19円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価は「OUTPERFORM」に据え置いたが、目標株価を従来の1310円から1150円に引き下げた。14日発表の17/3期ガイダンスの下方修正は、Group Lease(GL社)の株価下落による保有CBの評価損以外にも要因があるとされているものの、現時点で明確ではないという。同社の事業ポートフォリオから見て、韓国の資産の質悪化リスクが考えられるそうだ。17/3期は、会社ガイダンス通りにCB評価損などを織り込み、18/3期以降の韓国事業の利益率悪化見通しからCS予想を下方修正したという。

サッポロHD(2501)、JPは投資判断を引き上げ
3165円 187円高
JPモルガン証券は、同社の投資判断を従来の「Neutral」から「Overweight」に引き上げ、目標株価を同3070円から3500円に引き上げた。同社の1Q営業赤字幅は年々縮小しており、この背景にはレギュラービールの販売力の回復があるという。来期には1Qから営業黒字化が期待できそうな、足元の業績モメンタムに注目したそうだ。一方で、のれん調整ベースPERでは世界で最も割安なバリュエーションで投資魅力が増しているという。

ABCマート(2670)、SMBC日興は目標株価を引き下げ
6280円 40円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の7500円から6600円に引き下げた。SMBC日興営業利益予想を減額したという。(1)スニーカーブームの収束によりSSSの見通しを引き下げ、(2)17/2期4QにPB売上比率がYoY△2.7pptと、3QでYoY+0.2pptとなったものの一転再度下落に転じたことを踏まえ、粗利率の見通しを引き下げたそうだ。

ヨンドシーHD(8008)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
2671円 23円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の2900円から3100円に引き上げた。ジュエリー売上見通しを引き下げ、18/2期、19/2期営業利益予想を減額したという。ただし持分法投資利益(フジ〈8278〉)の利益回復実績および計画を踏まえ、経常利益、当期利益予想は増額したそうだ。

神島化(4026)、いちよしは「A」でカバレッジを開始
1919円 144円高
いちよし経済研究所は、同社について、新規にレーティングを「A」、フェアバリューを2500円でカバレッジを開始した。同社の化成品事業の収益性は既に高まっているが(調整額控除前売上高営業利益率は12.4期11.9%→16.4期22.2%)、同社製のマグネシウム化合物は海水を原料としているため、限界利益率はさらに高いと考えられるという。17.4期4Q(2-4月)からは本格増産による大きな増益貢献が予想されるそうだ。

コシダカHD(2157)、いちよしはレーティングを引き下げ
2669円 100円安
いちよし経済研究所は、同社のレーティングを従来の「A」から「B」に引き下げ、フェアバリューは同2800円から3000円に引き上げた。カラオケ事業に底打ち感が出てきており、17.8期以降の営業利益を引き上げたという。一方、現在の株価水準は前回レポート時に比べて2割強上昇しており、フェアバリューに対してのかい離率は10%程度となったため、レーティングを引き下げたそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ