1月10日(火)本日の急騰急落銘柄(前引け後更新分)/光陽社、リミックスポイント、 日本一ソフトウェアなど

急騰銘柄の材料

1月10日(火)急騰となった銘柄の材料をご紹介します。

光陽社(7946)

前日比+50円 ストップ高

政府が19年(平成31年)の1月1日から新元号とする方向で検討に入ったと報じられ、元号関連(印刷関連)株が人気化。元号が変わると印刷物などを切り替える必要が生じることから、特需への思惑が働いているようです。

関連銘柄として同社のほか、光村印刷(7916)、カワセコンピュータサプライ(7851)、野崎印刷紙業(7919)、三浦印刷(7920)など。

リミックスポイント(3825)

前日比+50円 ストップ高

子会社ビットポイントが開発した仮想通貨の取り引きシステムを他業者にも提供すると発表し、引き続き材料視。

日本一ソフトウェア(3851)

前日比+300円 ストップ高

海外のインディータイトルを日本向けに発売する新規プロジェクト「日本一Indie Spirits」を立ち上げを改め材料視。

大塚ホールディングス(4578)

前日比+682円

日経平均の構成銘柄に採用され好材料視。

アイレックス(6944)

前日比+80円 ストップ高

簡単・薄型・手間いらずの免震システム「μ-Solator(ミューソレーター)」を発売のほか、中国 次世代通信に5兆円 3社IoT先導狙う」との日経新聞報道を材料視され、5G関連として引き続き注目を集めています。

アルトナー(2163)

前日比+328円

株式分割を引き続き材料視。

オンワード(8016)

前日比+72円

17年2月期第3四半期決算を好感。

キャリアインデックス(6538)

前日比+655円

1対3の株式分割を材料視。

リネットジャパン(3556)

前日比+705円 一時ストップ高

ネットリサイクル事業で展開している同社。、小池都知事が都内に眠る携帯電話の回収作業に力を入れる意向を表明したとの一部報道を引き続き材料視。

 

急落銘柄の材料

セイコーエプソン(6724)

前日比-226円

新規採用の有力候補も日経平均採用見送りからの失望売り。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ