1月23日(月)本日の急騰急落銘柄(前引け後更新分)/リネットジャパン、マーケットエンタープライズ、五洋インテックスなど

急騰銘柄の材料

1月23日(月)急騰となった銘柄の材料をご紹介します。

ゲンダイエージェンシー(2411)

前日比+100円 一時ストップ高

17年3月期の業績予想の上方修正を好感。

サイバーステップ(3810)

前日比+300円 一時ストップ高

第2四半期決算の営業黒字のほか、対戦アクションゲーム「ゲットアンプド モバイル」と「Q&Q アンサーズ」の公式サイトを公開。年内リリース予定を引き続き材料視。

リネットジャパングループ(3556)

前日比+1000円 一時ストップ高

小池都知事の回収貴金属資源による五輪メダル製造を引き続き材料視。直近の調整を挟み再度資金が向かい上昇。

エストラスト(3280)

前日比+95円

日本経済新聞が「西部ガス、マンション販売のエストラストを買収へ」と報じたことを材料視。

santec(6777)

前日比+150円 一時ストップ高

先日発表されたプレスリリース「空間光変調器(製品型式:SLM-100)のパネル平面度として、可視域でλ/40の優れた平面度を実現」などを改めて材料視か。

協栄産業(6973)

前日比+47円

ハウステンボスの「変なホテル」のフロントにいるロボットを開発・納入してるサンリオ子会社のココロが成田空港に案内業務をするヒト型ロボットを設置。2月中旬以降に実証実験し、人間の代わりにトイレやレストラン、出国ゲートの場所を案内するとのこと。

同社との協業で開発したロボットであることから買いが入った模様。

マーケットエンタープライズ(3135)

前日比+100円 ストップ高

Web上でリユース品買い取る「高く売れるドットコム」等展開。リネットジャパンの同様の事業を行なっているとのことから買いが波及か。

コムシード(3739)

前日比+80円

スマートフォン向けゲームアプリ「パチスロ モンスターハンター狂竜戦線」のAndroid版の配信を開始を材料視。

五洋インテックス(7519)

前日比+21円

子会社のレックアイが不動産収益物件情報提供サービス「IEZOW」を開発し、サービス開始を材料視。

 

急落銘柄の材料

タカタ(7312)

前日比-100円 ストップ安

有力スポンサー候補2陣営が同社の法的整理を提案しているとの日経新聞報道を引き続き嫌気。

日本ライトン(2703)

前日比-42円

先週、iPhone8の遠距離ワイヤレス充電用の部品のサプライヤーに加わったとの一部報道を材料視。ただ、噂にあがったLite-On Semiconductormは19日、同報道は憶測に基づく記事であると台湾取引所を通して開示しておりこれを嫌気。

フジタコーポレーション(3370)

前日比-177円

北海道のへの「IR誘致」で人気化も短期的過熱感からの利益確定売り。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ