1月4日(水)本日の急騰急落銘柄(前引け後更新分)/日本サード、タカタ、リアルワールドなど

急騰銘柄の材料

1月4日(水)急騰となった銘柄の材料をご紹介します。

日本サードパーティ(2488)

前日比+296円

理化学研究所の革新知能統合研究センター(AIPセンター)が米NVIDIA社のディープラーニング(深層学習)システム「DGX-1」を24台導入する予定との一部報道を材料視。同社はNVIDIA社と総括サポート契約の締結のほか、人工知能(AI)関連の一角として人気化。人工知能(AI)はアベノミクスが掲げる第4次産業革命の中核技術分野として17年相場でも注目度は高いとされています。

タカタ(7312)

前日比+150円 ストップ高

タカタ製のエアバッグ欠陥問題、タカタが最大10億ドルを支払い米司法省と和解する方向に近づいていると、米ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたことを引き続き好感。

リアルワールド(3691)

前日比+400円 一時ストップ高

人工知能(AI)はアベノミクスが掲げる第4次産業革命の中核技術分野として17年相場でも注目度は高いとされ同社を含め関連銘柄のメタップス(6172)、ブレインパッド(3655)、アライドアーキテクツ(6081)などが人気化。

マイネット(3928)

前日比+500円 ストップ高

enish(3667)が提供するスマートフォンゲーム「ドラゴンタクティクス」について、タイトル買取契約を締結を引き続き材料視。今後の業績への寄与が期待されています。

ルネサスエレクトロニクス(6723)

前日比+147円

「完全自動運転車を試作 自社製半導体で」との日経新聞報道を材料視されています。なお5日開幕する米CESで奏功を披露するとのこと。

フュートレック(2468)

前日比+148円

ウエアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」の製品発表会を来年1月31日に開催するとの発表を引き続き材料視。

 

急落銘柄の材料

インタートレード(3747)

前日比-50円

「信用取引による新規の売付け及び買付けに係る委託保証金率を70%以上(うち現金40%以上)とする」規制を実施を嫌気。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ