3月12日(火)本日の急騰急落銘柄(前引け後更新分)/窪田製薬ホールディングス、GFA、大盛工業

急騰銘柄の材料

3月12日(火)急騰となった銘柄の材料をご紹介します。

デュアルタップ(3469)

前日比+100円 ストップ高

直近の株価下落の反動から買い戻しの動き。

窪田製薬ホールディングス(4596)

前日比+80円 ストップ高

新株予約権の大量行使で希薄化懸念が後退したほか、バイオ関連の人気も追い風に。

GFA(8783)

前日比+72円

直近の株価下落の反動から買い戻しの動きに。小型株の循環物色。

大盛工業(1844)

前日比+40円

上期業績予想の上方修正を好感。

ジーニー(6562)

前日比+100円 ストップ高

直近の株価下落の反動から引き続き買い戻しの動きに。小型株の循環物色。

アエリア(3758)

前日比+99円

子会社のトータルマネージメントが訪日外国人向け京都簡易宿所「エポックイン伏見稲荷」を開業したことを引き続き好感。

トランザス(6696)

前日比+150円 ストップ高

次世代デジタルサイネージやコンテンツ配信プラットフォームにつながるソリューション「Magic Spotスティック」の開発を完了、特許出願したと発表し、これを買い材料視。

アスコット(3754)

前日比+26円

直近の株価下落の反動から引き続き買い戻しの動きに。小型株の循環物色。

AmidAホールディングス(7671)

前日比+560円

元号関連として引き続き関心を集める。

キクカワエンタープライズ(6346)

前日比+1170円

日本経済新聞12日の朝刊、特集記事。中堅上場企業を対象とした18年4~12月期純利益増加額ランキングで同社が首位だったことを評価へ。

シンシア(7782)

前日比+96円

直近の株価下落の反動から引き続き買い戻しの動きに。小型株の循環物色。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)

前日比+36円

「ラグナロクM」が東南アジアでヒットしており、これを買い材料視。

 

急落銘柄の材料

ライトアップ(6580)

前日比-453円

東証が12日から信用取引の委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に引き上げことを嫌気。

石川製作所(6208)

前日比-324円

直近急騰の反動から利益確定売りに押される。防衛関連。

萩原工業(7856)

前日比-165円

第1四半期決算での2桁減益を嫌気。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ