3月23日(木)本日の急騰急落銘柄(大引け後更新分)/フルテック、サイバーコム、カヤックなど

急騰銘柄の材料

3月23日(木)急騰となった銘柄の材料をご紹介します。

フルテック(6546)

前日比+150円 ストップ高

全体相場の手掛かり材料不足のなか、値動きの軽さが魅力の上場直後の同社に短期資金が向かう。

インターネットインフィニティー(6545)

前日比+300円 ストップ高

全体相場の手掛かり材料不足のなか、値動きの軽さが魅力の上場直後の同社に短期資金が向かう

新川(6274)

前日比+94円

18年3月期営業益は4倍との一部報道を材料視。

カヤック(3904)

前日比+291円

人工知能(AI)の膨大なパーセプトロンがつながったニューラルネットワークを最小単位のパーセプトロンのみで分散構成するための技術の特許出願を発表し、これを材料視。

うるる(3979)

前日比+520円

全体相場の手掛かり材料不足のなか、値動きの軽さが魅力の上場直後の同社に短期資金が向かう。

トリケミカル研究所(4369)

前日比+235円

18年1月期の業績見通しを引き続き材料視。

マクロミル(3978)

前日比+162円

全体相場の手掛かり材料不足のなか、値動きの軽さが魅力の上場直後の同社に短期資金が向かう。

東芝(6502)

前日比+17.8円

東芝が分社して設立する半導体メモリーの新会社「東芝メモリ」について、早ければ18年度の上場を前提に売却手続きを進めているとの一部報道を材料視。

早期上場の計画を示すことで内部収益率を重視する投資ファンドに対し東芝メモリの価値をアピールし、売却額を引き上げる狙いとのこと。

サイバーコム(3852)

前日比+150円 一時ストップ高

トヨタとNTTが超高速無線通信で提携との報道から5G関連として同社のほか、ネクストジェン(3842)、アルチザネットワークス(6778)などにも物色の矛先が向かった。

ケアサービス(2425)

前日比+300円 ストップ高

中国の北京精益順欣養老管理と合弁会社を設立し、訪問入浴のフランチャイズ本部として介護事業を開始するとの発表を引き続き材料視。

インタートレード(3747)

前日比+80円 ストップ高

東京女子医科大学および産業技術総合研究所との共同研究「IT-はなびらたけプロジェクト」の研究成果を報告。

標準ハナビラタケ株の抽出物から、抗がん剤などに利用可能と考えられる新しい細胞活性を発見したと発表し、これを材料視。

澤藤電機(6901)

前日比+80円 ストップ高

岐阜大学との共同研究で、アンモニアを原料に常温・常圧・無触媒で高純度水素を製造する装置の開発を引き続き材料視。

アクアライン(6173)

前日比+300円 一時ストップ高

広島ガス(9535)と水まわり緊急修理サービス事業に関する業務提携を行うと発表し、これを材料視。

力の源ホールディングス(3561)

前日比+500円 ストップ高

全体相場の手掛かり材料不足のなか、値動きの軽さが魅力の直近IPO銘柄の同社に短期資金が向かう。

野村マイクロ・サイエンス(6254)

前日比+135円

信用規制解除を材料視。

ディー・ディー・エス(4640)

前日比+139円

認証プラットフォ ーム「EVE FA」 「 EVE MA」 が、2016年4月から2017年3月までに168自治体に新規採用された結果、保守契約中の自治体と合わせ合計 242自治体で稼働中であるこを発表し、これを材料視。

ジャパンエレベーターサービスホールディングス(6544)

前日比+136円

全体相場の手掛かり材料不足のなか、値動きの軽さが魅力の直近IPO銘柄の同社に短期資金が向かう。

ファイズ(9325)

前日比+515円

全体相場の手掛かり材料不足のなか、値動きの軽さが魅力の直近IPO銘柄の同社に短期資金が向かう。

Aiming(3991)

前日比+78円

マーベラスと共同運営『剣と魔法のログレス』のトップセールを材料視。

また、17年春配信予定のスマートフォン向け新作RPG「ルナプリ from 天使帝國」の謎のカウントダウンサイトの公開時期が近づく。

石井表記(6336)

前日比+81円

17年1月期決算の上振れ着地、18年1月期の業績見通しなどを好感。

トーカロ(3433)

前日比+215円

17年3月期の通期予想の上方修正・増配などを好感。

急落銘柄の材料

フェローテック(6890)

前日比-246円

モルガン・スタンレーMUFG証券を割当先として第3回新株予約権を発行すると発表し、希薄化懸念。

カカクコム(2371)

前日比-114円

クレディ・スイスが目標株価を2,000円→1,600円に引き下げたことを嫌気。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ