6月1日(金)本日の急騰急落銘柄(前引け後更新分)/日本通信、やまねメディカル、システムズ・デザイン

急騰銘柄の材料

6月1日(金)急騰となった銘柄の材料をご紹介します。

日本通信(9424)

前日比+48円

同社のスマートフォンを用いたフィンテックプラットフォームが、金融庁の「FinTech実証実験ハブ」の支援案件として決定されたと発表し、これを買い材料視。

やまねメディカル(2144)

前日比+150円 ストップ高

定款の一部変更。事業目的に仮想通貨に関する事項追加を引き続き買い材料視。

システムズ・デザイン(3766)

前日比+150円 ストップ高

知識検索型の人工知能(AI)サービス「Kleio(クレイオ)ナレッジサーチ」の提供開始を引き続き買い材料視。

共和工業所(5971)

前日比+1000円 一時ストップ高

18年4月期決算や19年4月期の業績見通しを好感。

ヨシックス(3221)

前日比+395円

東海東京調査センターが投資判断を「Neutral」→「Outperform」目標株価を3,360円→4,100円に引き上げたことを買い材料視。

オウチーノ(6084)

前日比+410円

同社とみんなのウェディングの経営統合を改めて買い材料視。

みんなのウェディング(3685)

前日比+121円

同社とオウチーノの経営統合を改めて買い材料視。

トリケミカル研究所(4369)

前日比+480円

第1四半期決算の内容を評価。大幅増益。

モバイルファクトリー(3912)

前日比+144円

ブロックチェーン関連の一角として引き続き関心を集める。モバイル対応のブラウザ兼仮想通貨ウォレットを今夏にもリリース予定。

アイフリークモバイル(3845)

前日比+47円

定款の一部変更。事業目的に「仮想通貨交換業」「金融商品取引業」などを追加したことから今後の事業展開への期待感が引き続き高まる。

マネーフォワード(3994)

前日比+490円

ブロックチェーン・仮想通貨の普及と実用化を目指す完全子会社「マネーフォワードフィナンシャル」を設立したと発表したことやドイツ証券が投資判断を新規「Buy」目標株価を5,950円と発表したことなどを引き続き好感。

 

急落銘柄の材料

ALBERT(3906)

前日比-810円

直近急騰の反動から利益確定売りに押される。

JVCケンウッド(6632)

前日比-43円

野村証券に対して第3者割当による新株予約権を発行すると発表し、これを嫌気。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ