6月29日(木)本日の急騰急落銘柄(前引け後更新分)/DNAチップ研究所、パスポート、トーセなど

急騰銘柄の材料

6月29日(木)急騰となった銘柄の材料をご紹介します。

プレシジョン・システム・サイエンス(7707)

前日比+149円

「厚生労働省は、がんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めた」との一部報道を引き続き材料視。

関連銘柄として同社のほか、遺伝子受託解析展開のDNAチップ研究所(2397)が連日のストップ高となっています。

パスポート(7577)

前日比+99円

RIZAPグループ全体の成長加速期待の思惑が継続。同社の他にも堀田丸正(8105)、マルコ(9980)、ジーンズメイト(7448)、SDエンターテイメント(4650)、ぱど(4833)などのRIZAP関連として上昇。

トーセ(4728)

前日比+393円

スクウェア・エニックス(9684)の新作スマートフォン向けデジタルカードゲーム「ドラゴンクエストライバルズ」開発担当の思惑相場が継続。

アズジェント(4288)

前日比+540円

世界で起こるサイバー攻撃の被害拡大からセキュリティ関連の関連の一角として物色の矛先が向かう。

土木管理総合試験所(6171)

前日比+117円

道路・軌道の路面下ビックデータ共有システム「ROAD-S(ロードス)」を開発。来春からのサービス提供を引き続き材料視。

ASJ(2351)

前日比+297円

信用規制解除を好感。

ネットイヤーグループ(3622)

前日比+100円 一時ストップ高

グループ会社のrakumoが、AppExchangeを通じて「rakumo Sync」の海外販売を開始すると発表し、これを材料視。

ビリングシステム(3623)

前日比+640円

スマートフォン決済アプリ「PayB(ペイビー)」がKDDIに採用、取り扱いを開始することで合意したとの発表を材料視。

J.フロント リテイリング(3086)

前日比+191円

18年2月期第1四半期決算の内容を評価。

グリムス(3150)

前日比+184円

2017中期経営計画の発表を好感。

 

急落銘柄の材料

武蔵野興業(9635)

前日比-77円

前日急騰の反動から利益確定売りに押される。

ソレイジア・ファーマ(4597)

前日比-68円

主要株主であるJapanBridge (Ireland) Limitedより、保有する同社株式850万株を野村證券へ譲渡する予定であるとの発表を受けて需給懸念。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ