9月6日(水)本日の急騰急落銘柄(大引け後更新分)/リネットジャパングループ、富士通コンポーネント、ビーロットなど

急騰銘柄の材料

9月6日(水)急騰となった銘柄の材料をご紹介します。

リネットジャパングループ(3556)

前日比+80円 ストップ高

ビックカメラと提携し、ビックカメラのインターネットショッピングサイト「ビックカメラ・ドットコム」で小型家電リサイクル法に基づく使用済小型家電の宅配回収サービスを9月6日から提供すると発表し、これを材料視。

富士通コンポーネント(6719)

前日比+150円 一時ストップ高

富士通の事業再編の動きやEV関連として引き続き関心が高い。

ビーロット(3542)

前日比+308円

東証1部への市場変更思惑のほか、株主優待制度の新設を改めて材料視。

リクルートホールディングス(6098)

前日比+179円

日経平均への新規採用を好感。

技研興業(9764)

前日比+80円 ストップ高

9日に控える北朝鮮建国記念日にミサイル発射の準備との一部報道から防衛関連の一角が引き続き人気。

防衛関連は定番の石川製作所(6208)、細谷火工(4274)のほか、豊和工業(6203)、興研(7963)、重松製作所(7980)などが上昇。

また、北朝鮮が国営メディアで弾道ミサイルに搭載する核兵器でEMP(電磁パルス)攻撃が可能と報じたことから電磁シールド関連として技研興業(9764)、阿波製紙(3896)なども引き続き。

安永(7271)

前日比+400円 一時ストップ高

リチウムイオン電池の寿命を12倍に伸ばす技術を改めて材料視。

ヒーハイスト精工(6433)

前日比+46円

第1四半期決算を評価した買いが継続。

トミタ電機(6898)

前日比+297円

通期上方修正を好感。

 

急落銘柄の材料

メタップス(6172)

前日比-461円

中国人民銀行(中央銀行)など中国の金融当局が9月4日、独自に仮想通貨を発行して資金を集める「新規仮想通貨公開(ICO)」禁止を発表し、これを引き続き嫌気。

石垣食品(2901)

前日比-42円

直近急騰の反動から利益確定売りに押される。

サイバーエージェント(4751)

前日比-355円

日経平均新規採用ならずに失望売りに。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ