投資顧問会社との付き合い方

投資顧問(投資助言・代理業)とは

2007年9月30日に施行された金融商品取引法で、投資顧問業は、投資運用業、投資助言・代理業と法律上の呼称、位置づけが変わりました。

「投資運用業」とは、投資一任契約に基づき、投資者から投資判断や投資に必要な権限を委任され投資を行う「投資一任業務」と、ファンドの財産を主として有価証券等への投資として運用を行う「ファンド運用業務」があります。

一方、「投資助言・代理業」とは、投資顧問(助言)契約に基づいて、有価証券など金融商品への投資判断に関して、顧客に助言を行う「投資助言業務」と、客と投資運用業者との投資一任契約または投資助言業者との投資顧問(助言)契約の締結の代理・媒介を行う「代理・媒介業務」があります。

なお、顧客に助言を行う「投資助言業務」では、投資助言業者の助言を受けて、投資判断自体は顧客自身が行います。

投資顧問に対するカブ知恵の考え

私は、投資助言業者は信頼するべきですが、その助言を盲目的に信じて売り買いをするべきではないと思っています。あくまでも、あなたが株式投資を行う際の「良きアドバイザー」との位置づけでお付き合いするべきです。

専業の個人投資家とは違い、一般的な個人投資家は本業を持っており、24時間365日ずっと、株式投資のことばかり、考えてはいられません。そこで、株式市場を常にウオッチし、兜町で錯綜している様々な投資情報を収集し分析しているプロ集団である、投資助言業者とお付き合いすれば、あなたは株式投資のことばかり考えなくても、少なくとも、他のセミプロ級の個人投資家と同等レベルの投資情報を得られるはずです。これが投資助言業者と付き合うメリットです。

あなたが、どの投資助言業者と付き合うかを決める前に、まずは、興味がわいた投資助言業者の「無料メルマガ」を登録し、購読してみることをお勧めします。そして、各社から日々送られてくるメルマガの内容をじっくり吟味し、当該助言業者が信頼に足る業者か、または、あなたの投資スタンスに合致した業者か、否かの判断を、あなた自身でするのがよいでしょう。

その後、投資顧問(助言)契約した場合は、先述のように、「投資助言業者を信頼はしても、その助言を盲信してはいけません!」。もちろん、投資助言業者は、助言を行う時点で、あなたに対して、最良の助言を行おうと最大限の努力をしているはずです。しかし、「相場は生き物」であり、人間が行うことに絶対はありません。残念ながら、結果として、あなたが損をしてしまう助言も当然あり得ます。だからこそ、あなた自身の運用ルールはしっかりと確立してから、投資助言業者と付き合うべきなのです。

最も重要な運用ルールは、やはり、「資金管理(リスク管理)」です。具体的には、1回の取引で使用する金額の設定、損切りルールの設定、利食いルールの設定、レバレッジ比率の設定などです。

先日、某助言業者の方と話をする機会がありました。驚くことに、スポット銘柄を購入したら、信用枠を使って全力で勝負するお客さんが非常に多いそうです。このような方は、例えば、手持ちの300万円を1年間でバンバン回転させて、1億円程度に増やし、専業投資家になりたいという漠然とした夢を持っているそうです。しかし、多くの場合、このような無茶な投資をする投資家は、どこかでドカンとやられ、市場からの退場を余儀なくされることが多いそうです。

このようなことにならないように、あなたなりの「資金管理」の設定と、設定するだけでなく、そのルールを厳格に守ることが最も重要なのです。投資資金の性格、規模、ニーズは千差万別であり、リスク許容度も人それぞれです。ですから、杓子定規な「資金管理」のルールはありません。しかし、相場想定や銘柄選びを何度か連続して間違ったとしても、市場からの退場を避けることができるような、あなたなりの慎重な「資金管理」のルールを設定しましょう。

一方、多くの投資助言業者は、兜町に飛び交う様々な投資情報を収集・分析した上で、足元の株式市場で人気化する可能性が高い銘柄を、あなたに助言しようと、最善の努力をしてくれるはずです。この銘柄情報を、あなたとの「資金管理」ルールに基づいて、あなた自身の判断で運用することを強く推奨します。つまり、銘柄選びの良きパートナーとして投資助言業者とお付き合いするものの、運用(とりわけ、ワントレード当たりの金額と損切りの金額等)については、あなた自身のルールで粛々と行うようにしましょう。

一発でドカンと儲けようとするのではなく、助言業者が提供してくれるであろう、運用効率の高い可能性の高い銘柄を、慎重な「運用ルール」に基づいて、丁寧な売買を心掛け、安定的な収益獲得を目指してください。そうすれば、せっかく信頼に足る投資助言業者と付き合ったのに、市場からの退場するという最悪の事態は回避できるはずです。

株式会社 カブ知恵 代表取締役 藤井英敏

トリプルエー投資顧問を直撃取材≪カブ知恵対談記事≫

話題の投資顧問「トリプルエー投資顧問」インタビュー

aaa

投資助言・代理業、関東財務局長(金商)第2342号、トリプルエー投資顧問株式会社を直撃取材いたしました。同社はWEB上、メール配信での投資助言を行っており、手軽でありながらも対面形式と遜色ない投資情報を得られるということで話題となっています。トリプルエー投資顧問の運営スタイルとは。提供銘柄とその実績。投資顧問に関する裏話など、投資顧問と助言契約を結ぶ上で知っておくべき情報をカブ知恵の見解も交えお届けします。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はこちら<<

今回は弊社カブ知恵代表・藤井(以下藤井)トリプルエー投資顧問代表・芳賀氏(以下芳賀)、そしてトリプルエー投資顧問助言者・伊藤氏(以下伊藤)による対談を行わせていただきました。

トリプルエー投資顧問の生い立ち

藤井:こんにちは、今日はよろしくお願いします。

芳賀伊藤:初めまして、よろしくお願いします。

藤井:トリプルエー投資顧問さんのことは以前から登録していて見ていました。一時期当たり屋として話題になって、その時に知り合いから聞いたのがきっかけだったかな。ちなみに投資助言を始めたのはいつからですか?

芳賀:会社の設立自体は10年ほど前になります。そこから実際に投資助言・代理業の登録を行い業務をスタートさせたのが7、8年前になります。ただ、当初はFXの助言を行っていて日本株にはノータッチでした。リーマンショック直後ということもあり、買いに偏りがちな株よりもショートで入り易いFXの助言に比重を置こうというで。

そこから日本株の投資助言をメインにしていこうと事業転換を図ったきっかけはやはりアベノミクスですね。2013年、2014年と日に日に日本株投資に関する助言サービスを求める声が増えてきたことを受け、2015年1月に社名をトリプルエー投資顧問株式会社に変更し株式投資に特化した投資助言・代理業をスタートしました。

藤井:なるほど。では実際にトリプルエー投資顧問としての業務歴は1年くらいかな。御社の会員数は何人くらいにいるのですか?

芳賀:およそ1万人程になります。

藤井:すごいですね。1年でそんなに会員が集まるなんて。

芳賀:トリプルエー投資顧問は無料で会員登録ができます。無料会員の方でも個別銘柄の情報や日々の市況情報、アナリストのコラムなどを閲覧することができます。全会員様の中でも実際の金銭授受による投資顧問契約を行っている方は一部となります。

まずは無料登録していただき、弊社が日々配信する情報をご覧いただいた上で、情報内容に納得できた方にのみ投資顧問契約をお願いするという運営スタイルをとっています。無料情報で結果が出なければ実際の契約に繋がりません。だからこそ無料情報でも一切手を抜かず、全会員に良い情報を発信していけるよう努めています。

トリプルエー投資顧問の助言スタイル

藤井:確かに。メルマガ登録していますがかなり頻繁に送られてきますね。無料だけど凄いボリューム。ちなみに実際の投資判断、助言は芳賀さんが?それとも伊藤さんが中心?

伊藤:実際の投資判断に関しては私が見ています。

藤井:そうなんだ。サイトを見るとテクニカル分析などもしっかりやられていますよね。これも伊藤さんが?

伊藤:はい、そうです。私自身はどちらかと言えばファンダメンタルズを重視しているのですが、最近の会員様の傾向としては明確な判断となるテクニカル分析を好むので。そういったニーズに合わせてテクニカルコラムを多く出すようにしています。

また、個人投資家の方ですと材料発表を待てない、業績が株価に反映されるのを待てないという人も多くて。

藤井:それは短期での結果を求める人が多いってこと?

伊藤:そうですね。中には長期でじっくりやりたいという人もいますが、短期で利益をあげたいという人が大半ではあります。

藤井:なるほど。こういった投資顧問を利用する人ってどんな人なのかな。年齢層や投資額も大体把握したりしています?

伊藤:資産状況まで完全に把握しているわけではありませんが、印象としては30代、40代の方が多いです。小さい額でやる人も多いですね。最近はネット取引が普及したことで若年層、少額投資の人が増えてきたような気がします。

更に上の年齢層、50代~70代の投資家は月額の定期コースに入り年単位でじっくり資産を増やしたいというニーズもあります。

トリプルエー投資顧問の推奨銘柄選び

藤井:そうなると顧客によって求める情報、銘柄というものが変わってきそうですね。

伊藤:そうですね。若い会員様が求める銘柄は新興市場、ハイボラの銘柄を好む傾向があるようです。少ない資金を一気に増やしたいといった感じで。ただ、そういうスタイルだと長期投資は厳しいですね。一ヶ月待てないという方もいますし、中には一週間で1.5倍に資産を増やしたいという人も。そういった希望に完全に沿うのは中々難しいですよ(笑)

芳賀:若い投資家の方ですとFXのような感覚で株投資をやりたいという会員様が多いので。そのニーズに合わせた運営となるとハイレバの短期投資というスタイルになりがちになってしまいます。

弊社も運営をし始めた当初はFX事業の名残もあり、超短期で株価2倍などといった若干高めの目標を掲げることもありました。ただ、それが更に短期の取り組みを希望する会員様を煽ってしまっていたのかもしれません。今は現実的な利益獲得が見込める銘柄の推奨に務めています。

藤井:確かに、他の投資顧問を見ていると一ヶ月で株価5倍とかめちゃくちゃなことを言ってるところもあるよね。そんなの毎日ストップ高しないと無理でしょ(笑)

じゃあ今はその現実的な銘柄を推奨するにあたって、選定の仕方、銘柄の選び方っていうのはどういう風にしているのですか?何を重視して選んでいるとか。

伊藤:入手した情報を社内で分析するということも勿論行っていますが、今は実際に取材へ行くようにしています。

企業のIR説明会へ出席したり、実際にその企業を訪問したり、そこで話を聞き、将来性が高いと見込んだ銘柄を推奨しています。先日もバイオ事業を行っている企業を訪問し、その事業内容に共感したので会員様へ推奨しました。その銘柄は既に株価2倍以上になりましたね。

藤井:なるほど。私も投資顧問の知り合いと話す機会は多いけど、そうやって実際に取材したり企業訪問したりするってところはないよね。御社が初めてなんじゃないかな。

伊藤:そうですね。推奨する銘柄のことをより詳しくしてもらうことで会員様にも安心して投資を行って頂けると思っています。実際、これが本当に好評で。あとは企業訪問で聞いた内容をレポートにまとめて提供したりもしています。

私、元々はIRのコンサル会社に勤めていた経験もあり、そのノウハウが今の事業に活かせているのかなと思います。

藤井:そうなんだ。元々そういう仕事をしていたなら企業訪問とかも得意でしょうね。

伊藤:はい。今の運営スタイルは短期目線から若干、中長期へ移行している節があるかもしれませんが会社的にも会員様的にも継続した資産形成の為には長期目線で見れるようにしていくのがいいのかなと思っています。

トリプルエー投資顧問が最も力を入れていること

藤井:最後に、トリプルエー投資顧問の強みというか、最も力を入れているところはどこでしょうか。

伊藤:銘柄選びは先ほどお話した通り、自分達の目で実際に確認するということを行っています。その企業が今話題となるテーマに沿っているかどうか、勿論テクニカル分析も行い目標値を算出しています。

そして最も力を入れているところはやはりサポート体制かと思います。

メルマガで情報発信をしていますが、電話対応も徹底して行っています。電話して頂ければいつでもすぐに出れるよう、スタッフを増員して対応しています。推奨銘柄のフォローも毎日行い、ユーザーに安心して投資してもらえるように心がけています。

藤井:情報力だけでなくサポートも重視ということですね。御社のことが良くわかりました。今日はどうもありがとうございました。

芳賀、伊藤:ありがとうございました。

今回はトリプルエー投資顧問、代表の芳賀氏と助言・分析者の伊藤氏にお話を伺いました。また第二弾、第三弾のインタビューも予定しています。

トリプルエー投資顧問の概要

aaa

内閣総理大臣登録、金融商品取引業者、投資助言・代理業、関東財務局長(金商)第2342号、トリプルエー投資顧問株式会社。マクロ経済分析、テクニカル分析を軸とし、東証1部の大型株から新興市場情勢、低位株情報までリアルタイムに寄せられる情報を徹底分析した上で顧客へと提供しています。主に電話やWEB、メールでの投資助言を行っており、自宅に居ながらいつでも対面感覚のサポートを受けられるという点が人気のポイント。株式投資のプロによる厳選精査を行った情報を提供しています。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はこちら<<

カブ知恵おすすめ投資顧問

>>まずは代表藤井による『投資顧問会社との付き合い方』をご確認下さい。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが直接運営者や助言者担当者に話を聞き、情報の収集・発信方法を調査しています。勿論、実際に登録し日々の配信情報などもチェックし、お勧めできると判断した投資顧問をピックアップ致しました。

短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。

基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができます。いきなり有料の投資顧問契約を結ぶ必要はありません。まずは無料登録で銘柄情報の配信を受け取り、自身の持ち株の相談などをしてみるのがいいでしょう。

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

サブコンテンツ

このページの先頭へ