11日の日経平均は前日比601.84円高の15,708.82円

11日の日経平均は前日比601.84円高の15,708.82円、高値は15,816.67円、安値は15,375.94円。東証1部の出来高は19億9668万株、売買代金は2兆1291億円、値上がり銘柄数1897銘柄、値下がり銘柄数は51銘柄、変わらず18銘柄。日経平均は大幅反発。

前場の日経平均は5営業日ぶり大幅反発。注目された先週末の6月米雇用統計からの米国株高と、参院選での与党勝利を好感。景気対策への期待感もあり寄り付きから買いが先行すると順調に上げ幅を拡大し、午前11時9分には1万5662円69銭(前週末比555円7銭高)まで上昇。その後も高値圏を維持し全面高商状。ただし、為替相場は1ドル=100円台半ばで高止まりとなっている。

後場の日経平均は堅調に推移。米6月雇用統計の改善や参院選での与党勝利で大型経済対策への期待感などからの好地合いが後場も継続一段高。午後14時35分には、本日の高値となる1万5816円67銭(前営業日比709円69銭高)まで上昇。引けにかけてはやや伸び悩んだ。また、東証1部の出来高が活況とされる20億株に届かず低水準となった。

東証33業種では、全33業種の全てが上昇し、値上がり上位にはその他製品、鉄鋼、証券商品先物、ガラス土石製品、保険業などが並んだ。個別では、東証1部の値上がり率トップは任天堂(7974)、2位はマニー(7730)、3位はAOI Pro.(9607)。一方、値下がり率トップは明光ネットワークジャパン(4668)、2位はキリン堂ホールディングス(3194)、3位は九州電力(9508)

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ