12日の日経平均は前日比184.76円安の16,840円

12日の日経平均は前日比184.76円安の16,840円、高値は16,951.54円、安値は16,839.41円。東証1部の出来高は17億1562万株、売買代金は1兆8761億円、値上がり銘柄数326銘柄、値下がり銘柄数は1562銘柄、変わらず96銘柄。日経平均は大幅反落。

前場の日経平均は反落。前日の米市場の下落を嫌気され売りが先行、原油先物相場が反落や円安の一服も重しとなり前日に回復した節目の1万7000円を再度割り込んだ。寄り付き直後に一時1万6848円15銭(前日比176円61銭安)まで下落したが、売り一巡後は日銀によるETF買いなどが意識され下げ幅を縮小する動きとなっている。

後場の日経平均は下げ幅を拡大。前場は日銀によるETF買いへの思惑から下げ幅を縮小したものの、後場は再び軟化。中盤にかけて下げ渋る場面もあったが、手掛かり材料難から終盤の午後14時57分には、本日の安値となる1万6839円41銭(前日比185円35銭安)まで下げ幅を広げほぼ安値引けとなった。

東証33業種では、値上りは水産・農林業の1業種のみ。一方、鉄鋼、銀行業、海運業、保険業、金属製品が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは日本金属(5491)、2位は三栄建築設計(3228)、3位は藤倉ゴム工業(5121)。一方、値下がり率トップはローツェ(6323)、2位は巴川製紙所(3878)、3位はさが美(8201)

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ