14日の日経平均は前日比114.8円安の16,614.24円

14日の日経平均は前日比114.8円安の16,614.24円、高値は16,706.61円、安値は16,585.80円。東証1部の出来高は16億6404万株、売買代金は1兆7672億円、値上がり銘柄数533銘柄、値下がり銘柄数は1281銘柄、変わらず161銘柄。日経平均は反落。

前場の日経平均は3日ぶり小反落。長期金利の上昇や原油相場の下落を嫌気した米株安を背景に朝方は売りが先行し、幅広い銘柄が売られた。ただ、売り一巡後は、来週の日銀金融政策決定会合で、マイナス金利の深堀りが金融政策の軸になると報じられ為替相場が円安・ドル高に進行。また、日銀によるETF買いへの思惑も支援材料となり下げ幅を縮小した。

後場の日経平均は一段安。後場の寄り付きはやや下げ幅を縮小して始まったのの、戻りは鈍くその後は再度下げ幅を拡大。日銀によるETF買いに対する期待もあったが、戻りの弱さからその期待も薄れ、終盤には本日の1万6585円80銭(前日比143円24銭安)と一時本日の安値を更新。その後の戻りも限定的となった。

東証33業種では、保険業、不動産業、陸運業が値上がりした。一方、海運業、石油石炭製品、鉱業、銀行業、鉄鋼が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはソフトブレーン(4779)、2位は木村化工機(6378)、3位はヤーマン(6630)。一方、値下がり率トップはサイバーコム(3852)、2位は東亜建設工業(1885)、3位はツルハホールディングス(3391)

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ