16日の日経平均は前日比142.62円安の16,974.45円

16日の日経平均は前日比142.62円安の16,974.45円、高値は17,102.45円、安値は16,950.84円。東証1部の出来高は18億6149万株、売買代金は1兆9118億円、値上がり銘柄数486銘柄、値下がり銘柄数は1340銘柄、変わらず118銘柄。日経平均は続落。

前場の日経平均は続落。前日の欧米市場が高安まちまちの動きだったものの、為替相場の円高・ドル安進行を嫌気され売りが先行した。午前9時12分には一時心理的節目の1万7000円割れて、1万6950円84銭(前日比166円23銭安)をまで下げる場面もあったが、その後は下げ渋る展開。ただ、今晩控えるFOMC(米連邦公開市場委員会)を控え上値重さが目立っている。

後場の日経平均は軟調推移。今晩のFOMCを控え手控え気分が強まるなか後場寄りから売りが先行。売り一巡後は心理的節目の1万7000円を挟んでのでのこう着感の強い相場展開となった。なお、FOMCを控え売買代金、出来高と膨らまず今年最低を記録した。

東証33業種では、空運業、水産・農林業、食料品、その他金融業が値上がりした。一方、銀行業、鉄鋼、証券商品先物、保険業、海運業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはサイバネットシステム(4312)、2位は日本コンベヤ(6375)、3位は神戸物産(3038)。一方、値下がり率トップはシャープ(6753)、2位は科研製薬(4521)、3位は安藤・間(1719)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ