15日の日経平均は前日比209.23円安の16,405.01円

15日の日経平均は前日比209.23円安の16,405.01円、高値は16,706.61円、安値は16,585.80円。東証1部の出来高は16億7356万株、売買代金は1兆8744億円、値上がり銘柄数438銘柄、値下がり銘柄数は1412銘柄、変わらず125銘柄。日経平均は大幅続落。

前場の日経平均は大幅続落。前日の米国市場はまちまちだったものの、為替相場の円高が重しとなり売りが先行、その後も1ドル=102円台の前半へやや円高が加速したことから更に下げ幅を拡大させ午前11時8分には前場安値1万6359円78銭まで売られ下げ幅は一時250円を超え。その後の戻りは限定的となっている。

後場の日経平均は本日安値圏でのもみ合い。日銀によるETF買いへの思惑はあったものの、戻りは鈍く1万6400円前後の狭いレンジ内での動きに終始。買い手掛かり材料に乏しいなか、8月米小売売上高、8月米鉱工業生産などの今晩発表される米経済指標への警戒感もあったようだ。

東証33業種では、その他製品、パルプ・紙の2業種のみが値上がり。一方、不動産業、証券商品先物、輸送用機器、保険業、銀行業が値下がり上位となった。個別では、東証1部の値上がり率トップは神東塗料(4615)、2位は宇徳(9358)、3位はシーアールイー(3458)。一方、値下がり率トップはファーストロジック(6037)、2位はIDOM(7599)、3位はサイバーコム(3852)

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ