25日の日経平均は前営業日比20.63円安の18,769.06円

25日の日経平均は前営業日比20.63安の18,769.06円、高値は18,870.70円、安値は18,744.44円。東証1部の出来高は19億1288万株、売買代金は1兆6049億円、値上がり銘柄数は509銘柄、値下がり銘柄数は1362銘柄、変わらずは65銘柄。日経平均は5日続落。

前場の日経平均は5日ぶりに反発。朝方は連日の下げからの反動からか日経平均は5日ぶりに反発スタートもその後は一時マイナス転換。円高が重しとなったほか、売り買いの決め手となる材料に乏しい状況。一巡後は再びプラス圏に浮上するものの、積極的に上値を追う動きはみられなかった。

後場の日経平均は一時安値を更新。後場寄りからしばらくは前日終値付近での小動きとなったが中盤以降は円高が重しとなったほか、週末要因も意識されてか再び売り優勢となり、午後14時19分には本日の安値となる1万8744円44銭(前日比45円25銭安)を付けた。また、外国人投資家がクリスマス休暇入りで薄商い。売買代金は1兆6049億円と今年最低となった。

東証33業種では、水産・農林業、保険業、小売業、医薬品、食料品が値上がりした。一方、電気・ガス業、鉄鋼、鉱業、銀行業、卸売業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは日本水産(1332)、2位は ピエトロ(1332)、3位は沖電線(5815)。一方、値下がり率トップはキムラタン(8107)、2位はイマジカ・ロボット ホールディングス(6879)、3位は日水製薬(4550)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ