26日の日経平均は先週末比209.46円安の16,544.56円

26日の日経平均は先週末比209.46円安の16,544.56円、高値は16,707.45円、安値は16,514.93円。東証1部の出来高は15億2635万株、売買代金は1兆6944億円、値上がり銘柄数527銘柄、値下がり銘柄数は1326銘柄、変わらず124銘柄。日経平均は大幅続落。

前場の日経平均は続落。先週末の欧米株安を嫌気する動きから売りが先行。買い材料が乏しいなか、円相場が1ドル100円台後半と強含んでいることも投資家心理を悪化させた。午前11時16分には前場の安値1万6601円83銭(前週末比152円19銭安)まで下げ幅を拡大、売り一巡後も戻りは限定的となっている。

後場の日経平均は一段安。後場の寄り付きこそは日銀によるETF(上場投資信託)買い期待など背景に買いが先行したものの勢いは続かず。買い一巡後は再び軟化、下げ幅を拡大すると午後14時55分には、本日の安値となる1万6514円93銭(先週末比239円09銭安)まで下落し、ほぼ安値引け。先行きの円高懸念のほか、黒田日銀総裁の講演で「追加緩和の手段はマイナス深掘りと長期金利目標引き下げが中心」などと発言内容も銀行株にはマイナス要因の一つとなった。

東証33業種では、医薬品、繊維製品が値上がりした。一方、保険業、鉱業、空運業、海運業、銀行業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはさが美(8201)、2位はリニカル(2183)、3位は虹技(5603)。一方、値下がり率トップはジャパンディスプレイ(6740)、2位はTDK(6762)、3位はT&Dホールディングス(8795)

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ