26日の日経平均は前日比15.11円高の16,772.46円

26日の日経平均は前日比15.11円高の16,772.46円、高値は16,957.56円、安値は16,743.17円。東証1部の出来高は17億6943万株、売買代金は1兆8343億円、値上がり銘柄数930銘柄、値下がり銘柄数は844銘柄、変わらず179銘柄。日経平均は続伸。

前場の日経平均は続伸。原油価格の上昇からの米国株高を背景に日経平均も買いが先行し、午前9時7分には1万6957円56銭(前日比200円21銭高)まで上昇した、買い一巡後は為替相場が1ドル=109円台の半ばで推移し、やや円高に振れていることなどから利益確定売りに伸び悩み急速に上げ幅を縮小した。

後場の日経平均は上げ幅を縮小。前場の買い一巡後、後場も寄りから中盤にかけてはやや買い戻しが入ったが再度戻り待ちの売りに押され、大引けにかけては一時マイナス転換。為替の円高・ドル安で上値は重く方向感に乏しい展開となった。

東証33業種では、鉱業、医薬品、輸送用機器、陸運業、水産・農林業が値上がりした。一方、海運業、証券商品先物、情報・通信業、鉄鋼、パルプ・紙が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはタカタ(7312)、2位は新日本科学(2395)、3位はトランザクション(7818)。一方、値下がり率トップはワイエイシイ(6298)、2位はSBIホールディングス(8473)、3位は日新電機(6641)

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ