26日の日経平均は前日比86.02円安の17,353.28円

26日の日経平均は前日比86.02円安の17,353.28円、高値は17,426.02円、安値は17,200.50円。東証1部の出来高は22億2042万株、売買代金は2兆804億円、値上がり銘柄数417銘柄、値下がり銘柄数は1424銘柄、変わらず107銘柄。日経平均は続落。

前場の日経平均は続落。前日の欧米株安を背景に利益確定売りが先行した。原油先物価格の反落や為替相場が1ドル=11円台を割り込むなど円安も一服し、その後も下げ幅を拡大させた。今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀の金融政策決定会合が行われることから、この結果を見極めたいとの思惑も強く積極的な買いは手控えられている。

後場の日経平均は下げ幅を縮小。米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀の金融政策決定会合の結果を見極めたいとの動きなどから方向感に欠ける展開。ただ、前場売り方優勢の展開も日銀会合前には一旦手仕舞いの動きが出たほか、為替相場がやや円安に傾き、これをきっかけに後場中盤以降は下げ幅を縮小した。

東証33業種では、パルプ・紙、水産・農林業、食料品、石油石炭製品、医薬品が値上がりした。一方、海運業、鉄鋼、銀行業、保険業、証券商品先物が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは日本エム・ディ・エム(7600)、2位は信越ポリマー(7970)、3位は日本製鋼所(5631)。一方、値下がり率トップは日立国際電気(6756)、2位は図研(6947)、3位はブレインパッド(3655)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ