26日の日経平均は前日比86.02円安の17,353.28円

26日の日経平均は前日比86.02円安の17,353.28円、高値は17,426.02円、安値は17,200.50円。東証1部の出来高は22億2042万株、売買代金は2兆804億円、値上がり銘柄数417銘柄、値下がり銘柄数は1424銘柄、変わらず107銘柄。日経平均は続落。

前場の日経平均は続落。前日の欧米株安を背景に利益確定売りが先行した。原油先物価格の反落や為替相場が1ドル=11円台を割り込むなど円安も一服し、その後も下げ幅を拡大させた。今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀の金融政策決定会合が行われることから、この結果を見極めたいとの思惑も強く積極的な買いは手控えられている。

後場の日経平均は下げ幅を縮小。米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀の金融政策決定会合の結果を見極めたいとの動きなどから方向感に欠ける展開。ただ、前場売り方優勢の展開も日銀会合前には一旦手仕舞いの動きが出たほか、為替相場がやや円安に傾き、これをきっかけに後場中盤以降は下げ幅を縮小した。

東証33業種では、パルプ・紙、水産・農林業、食料品、石油石炭製品、医薬品が値上がりした。一方、海運業、鉄鋼、銀行業、保険業、証券商品先物が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは日本エム・ディ・エム(7600)、2位は信越ポリマー(7970)、3位は日本製鋼所(5631)。一方、値下がり率トップは日立国際電気(6756)、2位は図研(6947)、3位はブレインパッド(3655)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ