9日の日経平均は先週末比109.31円高の16,216.03円

9日の日経平均は先週末比109.31円高の16,216.03円、高値は16,292.86円、安値は16,159.31円。東証1部の出来高は17億1849万株、売買代金は1兆7317億円、値上がり銘柄数1283銘柄、値下がり銘柄数は567銘柄、変わらず101銘柄。日経平均は7営業日ぶり反発。

前場の日経平均は7営業日ぶり反発。先週末の米株高や円安を背景に買いが先行。6営業日続落、直近の下落幅は1000円を超えており、押し目買いや自律反発の動きから午前9時13分には1万6292円86銭(前週末比186円14銭高)まで上昇した。ただ、買い一巡後は再び円高に傾いたこと、中国株安などから上げ幅を縮小し伸び悩む展開となった。

後場の日経平均は買い戻し優勢も上値追いは限定的。米株高や円安、直近の下落幅の大きさからの値頃感買い優勢となった。ただ、買い一巡後は手掛かり材料難から積極的な上値追いはならず。また、決算シーズンもピークを迎えることもあり、積極的な売買は手控えられた。東証1部の売買代金は今年最低を記録。

東証33業種では、小売業、不動産業、水産・農林業、食料品、建設業が値上がりした。一方、鉄鋼、精密機器、海運業、保険業、非鉄金属が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはネクシィーズグループ(4346)、2位は新日本科学(2395)、3位はインターワークス(6032)。一方、値下がり率トップは東亜建設工業(1885)、2位はベネッセホールディングス(9783)、3位はニチイ学館(9792)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ