「一体、何を売り買いすればいいのか」という閉塞感が強まりそう

6日のシカゴ日経平均先物3月物は18040円大証比140円安でした。一時17895円を付けました。NYダウは大幅反落し、前日比252.15ドル安の16906.51ドルでした。6日発表の15年12月の中国の非製造業購買担当者景気指数(PMI)が、1年5カ月ぶりの水準に低下したことや、北朝鮮による水爆実験、さらに、原油先物相場の下落が嫌気されました。NY原油先物相場は3日続落です。WTI期近の2月物は前日比2.00ドル安の1バレル33.97ドルでした。一時は33.77ドルまで売られ、09年2月中旬以来、約6年11カ月ぶりの安値を更新しました。NY外国為替市場で円相場は4日続伸し、前日比60銭円高・ドル安の1ドル=118円40~50銭でした。

 

外部環境悪化を受け、本日の日経平均先物3月物は4日続落スタートの見通しです。とにかく、円高が収まらないと、日経平均の反発は期待薄です。せめて、1ドル=119円台への回復が必要でしょう。それまでは、日経平均は下値模索を覚悟ですね。想定レンジはシカゴ先物の安値17895円~5日移動平均線(6日現在18390円)です。なお、昨日は、フィンテック関連や自動運転関連などのテーマ株の急落、ナイアガラが目立ちしました。このため、多くの人気テーマ株の需給が大幅に悪化したため、個人と証券自己中心に市場では「一体、何を売り買いすればいいのか」という閉塞感が強まりそうです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ