巨大で安定的な買い手の有無の差が明暗を分けています

4日の日経平均は前日比171.78円(1.07%)高の16254.89円でした。一時15921.04円と、16000円大台を割り込む場面がありましたが、結局、3日ぶりに大幅反発しました。一方、東証マザーズ指数は同2.61ポイント(0.28%)安の922.74ポイントでした。大幅高した日経平均と対照的な引けでした。

 

なお、日銀は4日、指数連動型の上場投資信託(ETF)を707億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETF12億円、合計719億円買い入れました。前日の合計359億円から倍増させました。

 

この日銀という、巨大で安定的な買い手の有無の差が、本日の日経平均とマザーズ指数の対照的な動きにつながったと考えます。

 

例えば、本日の市場では、日銀のETF買い入れによる需給改善効果が大きいとされる、アドンテスト(6857)、ファーストリテイリング(9983)、太陽誘電(6976)、TDK(6762)、東邦亜鉛(5707)などへの関心が高まっています。この傾向は、当分続く可能性が高そうです。

 

今後、投資環境がどうなろうとも、日銀はETFを毎年6兆円買ってくれる見通しです。このような確固たる巨大な買い手がみえている、指数採用銘柄に人気が集まるのは必然でしょう。一方、そのような明確な買い手がみえない新興市場銘柄については、当面の間、物色の蚊帳の外に置かれる可能性は低くはないでしょう。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ