政治家は選挙落ちればただの人ですからね。会社員の大部分の中低所得者には逆らえないということなんでしょうね。

投資家の一部で、以下の記事が話題になっているようです。

 

http://www.nikkei.com/news/topic/article/?uah=DF030920154642

 

年収が1千万を超す会社員は約199万人で、1億人の有権者の2%足らずだそうです。取りやすいところから取るという、所得税制の改正を繰り返してきた結果、有権者の2%の199万人の会社員が給与から払う所得税は昨年、所得税収全体の25%近くに増えたということです。

 

一方、株式売却益などの金融所得の税率は一律20%で、金融資産を多く抱える富裕層の税率が給与収入だけの会社員より低くなるケースが頻発しているとも。

 

まあ、政治家は選挙落ちればただの人ですからね。会社員の大部分の中低所得者には逆らえないということなんでしょうね。それにしても、2%の人たちに負担させすぎでしょ・・・。一方、株式譲渡益課税に関しては、相当なリスクを取っている点を考慮すれば、妥当な水準、むしろ、10%でもいいくらいだと思いますが・・・。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ