本日の相場見通し 国内外の人の移動制限強化・移動自粛要請がマインドを悪化させる可能性

政府は12月26日、全世界からの外国人の新規入国を12月28日午前0時から2021年1月末まで停止すると発表しました。また、政府は12月28日から、「Go To トラベル」を全国で一時停止しますが、1月11日まで2週間の停止で影響額は2500億円になるとの試算もあるそうです。確かに、赤羽国交大臣は「Go To トラベル」について1月12日以降に再開したいという意向を明らかにしました。一方、菅義偉首相は停止期限の1月11日以降の対応については「感染状況などを踏まえ、改めて判断する」と述べるにとどめています。これについて、大和総研は、事業停止の期間が仮に1カ月に及べば経済波及効果が5000億円減ると試算していると伝わっています。経済活動への影響を避けるため、中国や韓国など11カ国・地域と合意した2国間のビジネス往来などの枠組みによる入国は引き続き認めるとはいえ、国内外の人の移動を停止、自粛要請することは、短期的には投資マインドを悪化させるかもしれません。中長期の上昇トレンドに大きな変化はないでしょうが、年末年始の買いポジション持ち越したくない投資家の売りが出ることを警戒しておく必要がありそうです。本日の日経平均の想定レンジは26650円±250円程度です。テクニカル的には25日移動平均線(25日現在26588.76円)を終値で下回ったら、一応、それなりの調整があり得るとみておく必要がありそうです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ