正直、恐ろしい相場です

経験則やテクニカルでは底値のはずと思いながらも、今日も何もしませんでした。正直、恐ろしい相場です。昨日もそうですが、後場の小型株の売られ方は流石に恐怖感を覚えました。もちろん、これは大底特有の値動きですが・・・。

 

本日後場、先物が急速に伸び悩んだ局面では、大型の指数採用銘柄に関しては、裁定解消売りが断続的に出たと観測されます。また、小型株に関しては、先物がマイナス転換したことで、追証発生リスクに怯えた信用個人が、一斉に換金売りに動いたのでしょう。

 

その結果、東証1部の昨年来安値更新銘柄数は717に達しました。これは経験則上、400を超えると底値です。また、東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は53.82%です。そして、日経平均の25日移動平均線との乖離率はマイナス11.67%です。どれも売られ過ぎを示唆しています。

 

一方、昨年6月24日の高値20952.71円から昨年9月29日の安値16901.49円までの下げ幅(4051.22円)を、昨年12月1日の20012.40円にリプレイスして求められる下値メドは15961.18円です。ナイトセッションでは225先物3月物は16時42分に15780円を付けましたが、値幅的には十分調整したはずです。

 

急騰はしなくていいから、なべ底型の底入れを期待したいものです。

 

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ