4日の海外市場動向(速報値)と本日の相場見通し

シカゴ日経平均先物3月物は(円建て)は18310円で推移しています。2016年最初の取引の4日のNYダウは3日続落、前年末比276.09ドル安の17148.94ドルでした。一時、16957.63ドルと、15年10月半ば以来およそ2カ月半ぶりに、心理的節目の17000ドルを割り込む場面がありました。中国株、欧州株の下落に加え、12月のISM製造業景気指数が48.2と、09年6月以来の低水準となり、市場予想の49.0を下回ったことが嫌気されました。ドル/円相場は、一時、1ドル=118円70銭まで円高が進む場面がありましたが、現在は119円40銭付近で推移しています。NY原油先物相場は反落、WTI期近の2月物は前日比0.28ドル安の1バレル36.76ドルでした。

 

外部環境が悪化したことで、本日の日経平均先物は窓を空けて下落スタートする見通しです。ただし、NYダウが下げ渋り、ドル/円相場が1ドル=118円台から119円台へ円安に振れていることはポジティブ材料です。売り一巡後は、昨日に今月導入した「サーキットブレーカー」が発動した、上海総合指数の動向に一喜一憂する展開が見込まれます。

 

日経平均先物3月物の本日の想定レンジはナイトセッションの安値18080円~高値は5日移動平均線(4日現在18696円)です。目先は、この5日移動平均線が急激に下降を続け、強力な抵抗として意識されそうです。また、4日のVIX指数(恐怖指数)は前日比2.49(13.67%)高の20.70でした。一時、23.36まで上昇する場面がありました。米株のみならず、世界的にボラティリティーが上昇しています。このため、目先の世界の株式市場は乱高下することは覚悟しておく必要がありますね。

 

 

 

 

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ