5日の海外動向 予想以上の雇用統計で米株・ドル上昇、一方、小野薬のADR大幅安

6日の大阪ナイトセッション日経平均先物9月物は前日比220円高の16430円でした。5日のNYダウは大幅反発、前日比191.48ドル高の18543.53ドルでした。ナスダック総合株価指数は3日続伸し、同54.873ポイント高の5221.121ポイントと、2015年7月以来、およそ1年ぶりに過去最高値を更新しました。7月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が前月比25万5000人増と市場予想の18万人程度の増加を大きく上回ったことや、賃金の伸びも緩やかに加速したことが好感されました。

個別では、ブリストル・マイヤーズスクイブが急落しました。がん免疫治療薬「オプジーボ」を肺がんの単剤療法として使用する臨床試験が失敗に終わったと明らかにしたことがきっかけです。また、これを受け、小野薬品(4528)のADRは円換算で東証株価比587円(16.41%)安の2994円でした。一方、オプジーボの主要競合薬の「キートルーダ」のメーカーである、メルクは買われました。

NY原油先物相場は3日ぶりに反落、WTI期近の9月物は前日比0.13ドル安の1バレル41.80ドルでした。ドル高進行で、ドル建ての原油先物価格に割高感が強まったためです。NY円相場は下落し、前日比60銭円安・ドル高の1ドル=101円80~90銭でした。市場予想を上回る7月の米雇用統計の結果を背景に、年内の利上げ観測が強まり、対主要通貨でドル買いが優勢となりました。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ