12日の海外動向と本日の相場見通し 昨日と状況一転、反発へ、AI、自動運転などに注目

13日の大阪ナイトセッションの日経平均先物12月物は前日比130円高の16670円でした。高値はこの16670円、安値は12日20時42分の16390円でした。12日のNYダウは4日ぶりに大幅反発、前週末比239.62ドル高の18325.07ドルでした。ブレイナードFRB理事が講演で、「金融緩和の解除は慎重に進めるべきだ」、「予防的な利上げを迫られる状況ではない」、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が、物価上昇率が政策目標を下回る水準にあるとして「現状の金融政策が適切だ」と述べ、共に早期利上げに消極的なコメントをしたことが好感されました。また、アトランタ連銀のロックハート総裁は講演で、具体的な利上げ時期については「市場の混乱につながるのを避けたい」として明言を避けました。NY原油先物相場は反発、WTI期近の10月物は前週末比0.41ドル高の1バレル46.29ドルでした。NY円相場は3日ぶりに反発し、前週末比85銭円高・ドル安の1ドル=101円80~90銭でした。9月のFOMCでの利上げ観測が後退したことが、ドル売り材料になりました。

 

本日の東京株式市場は昨日と一転して、米国の早期利上げ観測後退を好感し、買いが先行しそうです。ただし、円相場が円高に振れているため、日経平均の上値は限定されるでしょう。想定レンジは25日移動平均線(12日現在16754.23円)±150円程度です。物色面では、経済産業省がAIなどを活用する「第4次産業革命」に向け、2030年時点の自動運転の目標を新たにつくると伝わり、AI、自動運転、ドローン関連への関心が高まりそうです。12日の規制改革推進会議の初会合で、安倍首相が農業改革について「関係業界や全国農業協同組合連合会のあり方を予断なく見直す」とも一部報じられたことで、農業関連にも物色の矛先が向かいそうです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ