14日の海外動向と本日の相場見通し 中国関連が買い戻され、日経平均は8日ぶりに反発へ

15日の大阪ナイトセッションの日経先物6月物は前日比120円高の21150円、高値は150250分の21190円、安値は141710分の21020円でした。14日のNYダウは反発、前日比207.06ドル高の25532.05ドルでした。ナスダック総合株価指数は反発、同87.470ポイント高の7734.494ポイントでした。トランプ米大統領が13日夕、「6月の日本でのG20にあわせて中国の習近平国家主席と会談することになるだろう」と語ったことが好感されました。NY原油先物相場は4日ぶりに反発、WTI期近の6月物は前日比0.74ドル高の1バレル61.78ドルでした。NY円相場は1ドル=1095565銭、30銭円安・ドル高でした。

 

米株反発を受け、本日の日経平均は8日ぶりに反発しそうです。想定レンジは21150円±150円程度です。14日の米株式市場同様、中国向け売上高比率の高い中国関連が買い戻され、指数を押し上げる見通しです。「When the time is right we will make a deal with China.(適切な時がくれば、我々は中国と取引をするつもりだ)」、「China will be pumping money into their system and probably reducing interest rates,(中国は彼らのシステムに大量に資金を投入し、おそらく利下げをするだろう)、「If the Federal Reserve ever did a “match,” it would be game over, we win! In any event, China wants a deal!(もしFRBが中国と同じように利下げをすれば、ゲームオーバー、我々の勝ちだ!いずれにせよ、中国は取引をしたがっている」と、トランプ大統領は呟いています。このことから、米国は中国と対話をする意思があることに加え、今後さらに米中貿易が激化するようならFRBに利下げ圧力が掛かる可能性が窺えます。これは世界の株式市場にポジティブな材料です。

 

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ