14日の海外動向と本日の相場見通し 日経平均は軟調想定、内需株とゲーム専用機関連に注目

15日の大阪ナイトセッションの日経平均先物9月物は前日比40円安の19840円、高値は14日20時49分の19940円、安値は14日23時57分の19710円でした。14日のNYダウは続伸、前日比460.09ドル高の21374.56ドルと、連日で過去最高値を更新しました。一方、ナスダック総合株価指数は反落し、同25.477ポイント安の6194.892ポイントでした。FRBは14日まで開いたFOMCで追加利上げを決めました。また、メンバーの中心は、17年中は残り1回、18年は3回の利上げを見込んでいます。これを受け、金融株に買い戻しが入りました。しかし、FOMCの結果公表後に代表的なネット関連株が軒並み下げに転じました。NY原油先物相場は4日に反落、WTI期近の7月物は、前日比1.73ドル安の1バレル44.73ドルと、心理的節目の45ドルを割り込みました。NY円相場は反発し、前日比50銭円高・ドル安の1ドル=109円50~60銭でした。一時は108円81銭まで円高が進みました。5月の米CPIが前月比で0.1%下落し、物価の伸び悩みが鮮明になったことや、5月の小売売上高も横ばい予想に反して前月比0.3%減となったことが、ドル売り材料になりました。

 

米国のIT関連株安、円高が嫌気され、本日の日経平均は軟調推移が見込まれます。主力の輸出、IT関連の値嵩株が日経平均の足を引っ張るでしょう。想定レンジは19850円±100円程度です。物色面では、円高の影響を受け難い内需株が買われ、指数を支えそうです。また、“世界最大級のゲーム見本市「E3」が米国時間13日、開幕し、任天堂(7974)の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」が多くの来場者の関心を集めている”との報道を受け、ゲーム専用機関連が物色されそうです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ