17日の海外動向と本日の相場見通し 日経平均は膠着、マザーズは流動性が枯渇

18日の大阪ナイトセッション日経平均先物9月物は前日比80円安の16670円でした。17日のNYダウは小幅反発、前日比21.92ドル高の18573.94ドルでした。前回7月分のFOMCの議事要旨で、大半の参加者が追加利上げを決めるまでに「追加のデータを見極めるのが賢明」とみていたことが明らかになったことが買い材料になりました。NY原油先物相場は5日続伸、WTI期近の9月物は前日比0.21ドル高の1バレル46.79ドルでした。EIAが発表した週間の石油在庫統計で原油とガソリンの在庫が減ったことや、主要産油国による増産凍結への思惑が相場を押し上げました。NY円相場は4日続伸、前日比5銭円高・ドル安の1ドル=100円20~30銭でした。一時100円04銭まで上昇しました。

 

米株高、原油先物高はポジティブですが、ドル/円相場が円高水準で高止まりしています。こうなると、日経平均の上値は買えません。一方、下がれば日銀のETF買いが入るため、下値は限定されるでしょう。結果、日経平均は膠着する見通しです。想定レンジは25日移動平均線(17日現在16546.78円)~5日移動平均線(同16773.35円)です。ところで、昨日、日経平均が前日比149.13円(0.90%)高となった一方で、東証マザーズ指数は同17.40ポイント(1.84%)安と、6日ぶりに大幅反落しました。売買代金は751億円と、活況の目安となる1000億円を大幅に下回りました。マザーズの売買代金は16日に1039億円と、1000億円を超えましたが、7月20日から8月15日まで18営業日連続で活況の目安となる1000億円を下回りました。人気が離散し、流動性が枯渇しています。これが、短期売買を好むアクティブ個人の投資マインドを冷やし続けています。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ