20日の海外動向と本日の相場見通し 官主導の「掉尾の一振」の実現確度が高まってきたようです

21日の大阪ナイトセッションの日経平均先物3月物は前日比50円高の19550円、高値は20日23時35分の19620円、安値は20日16時39分の19500円でした。20日のNYダウは続伸、前日比91.56ドル高の19974.62ドルと、1週間ぶりに最高値を更新し、2万ドルに迫りました。年内に増資を予定しているイタリアのモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナに対し、伊政府が増資が失敗に終わった場合に備えて公的資金で救済する準備に入ったと伝わり、イタリアなど欧州株式市場で金融株をけん引役に株式相場が上昇したことが買い材料になりました。ゴールドマン・サックスが1銘柄でダウを26.83ドル、ダウを押し上げました。NY原油先物相場は3日続伸、WTI期近の1月物は前日比0.11ドル高の1バレル52.23ドルでした。NY円相場は1ドル=117円85~95銭の80銭円安・ドル高でした。

 

NYダウの最高値更新、1ドル=118円アラウンドの円安を追い風に、本日の日経平均は連日で年初来高値を更新する見通しです。想定レンジは19500円±150円程度です。なお、本日、当初の想定を超える規模でニューマネーが入ってきていることを背景に、「クジラのGPIF」が現在、買いに動いていると報じられています。日銀のETFの買い入れに加え、GPIFが買うとなると、ますます日経平均の下値は堅く、上値を追いやすくなりそうです。どうやら、官主導の「掉尾の一振」の実現確度が高まってきたようです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ