20日の海外動向と本日の相場見通し 日銀の結果発表で売り買い錯綜も、FOMC結果待ちで方向感出ず

21日の大阪ナイトセッションの日経平均先物12月物は前日比30円高の16350円、高値は20日の20時28分の16400円、安値は20日の16時31分の16300円でした。20日のNYダウは3日ぶりに反発、前日比9.79ドル高の18129.96ドルでした。FOMCや日銀金融政策決定会合の決定を21日に控え、上値は重く、下値は堅かったです。NY原油先物相場は続伸、WTI期近の10月物は前日比0.14ドル高の1バレル43.44ドルでした。NY円相場は続伸、前日比20銭円高・ドル安の1ドル=101円65~75銭でした。

 

本日21日には日銀が金融政策決定会合、FRBがFOMCの結果をそれぞれ発表します。ただ、東京市場の通常取引時間中には、日銀の結果しかわかりません。また、明日は秋分の日の祝日で東京市場は休場です。このため、日銀の結果が出た後、瞬間的に乱高下しても、最終的には様子見気分が強くなる見通しです。日経平均の想定レンジは75日移動平均線(20日現在16354.63円)~25日移動平均線(同16707.01円)です。

 

日米の会合に関する事前の大方の予想は、FOMCでは「利上げ見送り」です。一方、金融政策の「総括的な検証」が実施される、今回の日銀の金融政策決定会合に関しては、追加金融緩和を行うか否かの見方は5分5分のようですが、やるとしたら、超長期債の利回りが下がり過ぎないように配慮した国債購入や、マイナス金利政策の深掘りが一応見込まれています。ですが、米国が早期の利上げに踏み切れない以上、日銀が追加の金融緩和を行ったとしても、ドル/円相場の円高止まりに変化はなさそうです。このため、本日、政策決定会合の結果を材料に、売り買いが瞬間的に錯綜しても、東京市場は、FOMCの結果発表を受けた米国金融市場の反応をみてから、祝日明けの23日以降に上下どちらかに動くという展開になりそうです。なお、FRBが想定外の利上げに踏み切らなければ、23日以降は9月末の配当権利取りの動きで、日経平均は上方向とはみています。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ