21日の海外動向と本日の相場見通し 日経平均は膠着、物流、陸運、軍事関連に注目

22日大阪ナイトセッションの日経平均先物9月物は前日比変わらずの20110円、高値は21日23時32分の20160円、安値は21日16時35分の20040円でした。21日のNYダウは続落し、前日比57.11ドル安の21410.03ドルでした。原油先物安を受け、シェブロン、エクソンモービル、キャタピラーなど資源・エネルギー関連銘柄が売られダウを押し下げました。一方、ナスダック総合株価指数は反発し、前日比45.922ポイント高の6233.953ポイントでした。アップル、アマゾン、グーグルの持ち株会社アルファベット、フェイスブックなど主力のIT関連株が指数を押し上げました。NY原油先物相場は下落、WTI期近の8月物は前日比0.98ドル安の1バレル42.53ドルでした。一時は42.05ドルと期近物として16年8月11日以来ほぼ10カ月ぶりの安値を付けました。NY円相場は1ドル=111円30~40銭の10銭円高・ドル安でした。

 

NYダウは続落しましたが、ナスダックは反発しました。ドル/円相場は1ドル=111円台前半で膠着しています。このため、日経平均の上値は重いものの、下値も堅いでしょう。想定レンジは20100円±100円程度です。物色面では、アマゾンジャパンが独自の配送網の構築に乗り出すと伝わり、物流、陸運関連への関心が高まりそうです。また、米中両政府は21日、閣僚級による外交・安全保障対話の初会合をワシントンで開き、米国は北朝鮮への圧力強化に向けた具体的な行動を求めたそうです。一方、トランプ大統領は20日に「習近平国家主席の努力には感謝しているが、まだうまくいっていない」とツイートしました。このように、北朝鮮を巡る緊張感がやや強まったため、軍事関連にも物色の矛先が向かう可能性もあります。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ