22日の海外動向と本日の相場見通し 「官製相場」継続で株価指数は膠着継続

22日のシカゴ日経平均先物9月物は15930円大証比60円安でした。安値は15925円、高値は16140円。NYダウは3日ぶりに反落、前日比48.90ドル安の17780.83ドルでした。23日に英国でEU離脱の是非を問う国民投票が控え、買い手控えムードが強まりました。NY原油先物相場は下落、WTI期近の8月物は前日比0.72ドル安の1バレル49.13ドルでした。EIAの石油在庫統計で、原油在庫が市場予想ほど減らなかったことや、ナイジェリアで、武装勢力が政府と停戦で合意する可能性が出てきたことが嫌気されました。NY円相場は反発し、前日比35銭円高・ドル安の1ドル=104円35~45銭でした。

 

23日の英国の国民投票を控え、本日の東京株式市場は閑散相場、模様眺め気分の強い状況が一段と強まりそうです。結果を固唾を飲んで見守る投資家が多いため、相場に方向感が出ることはなさそうです。買いにしても、売りにしても、一方的にポジションを傾けるのは怖いですから。

 

なお、現在の買い主体は信託銀行経由の公的年金と日銀とみています。ちなみに、6月第2週(6~10日)の投資部門別株式売買動向では、信託銀行は6週連続で買い越し、買越額は1488億円と、約2カ月ぶりの大きさでした。また、日銀も、例えば、昨日は、新型ETFを12億円、ETFを350億円買い入れました。つまり、現在は「官製相場」です。英国の結果が判明するまでは、この「官製相場」が続く見通しです。よって、日経平均は下げれば公的資金の買いが入るため、下値は堅そうです。ただし、彼らは相場を押し上げる意図はないでしょうから、上値も重そう。結果、日経平均は膠着しそうです。想定レンジは16000円±150円程度です。

 

 

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ