22日の海外動向と本日の相場見通し 「官製相場」継続で株価指数は膠着継続

22日のシカゴ日経平均先物9月物は15930円大証比60円安でした。安値は15925円、高値は16140円。NYダウは3日ぶりに反落、前日比48.90ドル安の17780.83ドルでした。23日に英国でEU離脱の是非を問う国民投票が控え、買い手控えムードが強まりました。NY原油先物相場は下落、WTI期近の8月物は前日比0.72ドル安の1バレル49.13ドルでした。EIAの石油在庫統計で、原油在庫が市場予想ほど減らなかったことや、ナイジェリアで、武装勢力が政府と停戦で合意する可能性が出てきたことが嫌気されました。NY円相場は反発し、前日比35銭円高・ドル安の1ドル=104円35~45銭でした。

 

23日の英国の国民投票を控え、本日の東京株式市場は閑散相場、模様眺め気分の強い状況が一段と強まりそうです。結果を固唾を飲んで見守る投資家が多いため、相場に方向感が出ることはなさそうです。買いにしても、売りにしても、一方的にポジションを傾けるのは怖いですから。

 

なお、現在の買い主体は信託銀行経由の公的年金と日銀とみています。ちなみに、6月第2週(6~10日)の投資部門別株式売買動向では、信託銀行は6週連続で買い越し、買越額は1488億円と、約2カ月ぶりの大きさでした。また、日銀も、例えば、昨日は、新型ETFを12億円、ETFを350億円買い入れました。つまり、現在は「官製相場」です。英国の結果が判明するまでは、この「官製相場」が続く見通しです。よって、日経平均は下げれば公的資金の買いが入るため、下値は堅そうです。ただし、彼らは相場を押し上げる意図はないでしょうから、上値も重そう。結果、日経平均は膠着しそうです。想定レンジは16000円±150円程度です。

 

 

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「渾身の一発逆転銘柄」!原則木曜日の晩にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。「先取りサービス」という、メール連絡より一足先に電話で教えてもらえるサービスも。テーマ、材料を内包しているものも多く、しっかり株数を準備して資産を形成したい投資家向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ