22日の海外動向と本日の相場見通し 米株・原油先物反発、日経平均も4日ぶりに反発へ

23日の大阪ナイトセッション日経平均先物6月物は前日比250円高の19270円、高値は230450分の19330円、安値は22日の1637分の19050円でした。22日のNYダウは3日ぶりに反発、前日比456.94ドル高の23475.82ドルでした。ナスダック総合株価指数も3日ぶりに反発、前日比232.15ポイント高の8495.38ポイントでした。テキサス州が24日から州内の店舗の再開を認めるなど米国の一部の州で経済活動の制限を緩める動きが広がっていることや、ムニューシン米財務長官が22日、FOXニュースで「米経済は夏の終わりまでには大部分は再開できるだろう」と述べたことが買い材料視されました。NY原油先物相場は反発、期近物のWTI6月物は前日比2.21ドル(19.1%)高の1バレル13.78ドルでした。サウジアラビアが一段の協調減産に向けて準備していると伝わったことや、トランプ米大統領が22日、「米艦船がイランの小型艦から嫌がらせを受けた場合は、全ての小型艦を撃沈し破壊するよう米海軍に指示した」とツイッターに書き込んだことが買い戻しの材料になったようです。NY円相場は前日比横ばい、前日と同じ1ドル=1077080銭でした。

 

米国株高、原油先物高を受け、本日の日経平均は4日ぶりに反発する見通しです。想定レンジは19250円±250円程度です。テクニカル的な注目ポイントは、日経平均の終値が5日移動平均線(22日現在19455.06円)を下回り続けるか否かです。下回り続けるようなら「調整継続」、上回るようなら「自律反発局面」に再度入れるとみているからです。なお、足元では、限月交代に絡んだマイナス圏までの原油先物価格の急落の影響で、米シェール企業の破綻が相次ぎ、クレジット市場が動揺し、株安が発生するリスクは低いとみています。なぜなら、FRBは信用フローを支えるため、社債購入プログラムを拡充し、3月22日時点で投資適格級だったがその後に格下げされた「BB-」以上の社債を対象に含め、ハイイールド債を支える姿勢を鮮明にしているからです。

 

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

マスターズトレード

masters-trade2

『マスターズトレード』では、「利食い仙人」「日本株大明神」の異名を持つ濱村比呂史氏の限定コラム・厳選情報を無料で閲覧することができます。相場全体の見通しは勿論のこと、割安株の見つけ方、重要視すべきテクニカル・シグナル、株式投資で勝つ為の手法を余すことなく無料コラムにて公開しています。読み応えのある内容、絶対に知っておくべき情報となっています。これを読む為だけでもマスターズトレードに登録しておいて損はないでしょう。

>>マスターズトレードへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ