5月31日の海外動向と本日の相場見通し 目先は日経平均VIの低位安定前提でOKとみています

1日の大阪ナイトセッションの日経平均先物6月物は前日比20円高の19680円、高値は5月31日の20時47分の19720円、安値は5月31日の19590円でした。5月31日のNYダウは3日続落、前日比20.82ドル安の21008.65ドルでした。JPモルガン・チェースのマリアン・レークCFOが5月31日の投資家向け説明会で4~6月期のトレーディング収入は現時点で前年同期を15%下回っていると述べたことや、バンク・オブ・アメリカのブライアン・モイニハンCEOも4~6月期はトレーディング収入が低迷していると説明したことが嫌気され、金融株が下落しました。NY原油先物相場は続落、WTI期近の7月物は、前日比1.34ドル安の1バレル48.32ドルでした。NY円相場は3日続伸し、前日比10銭円高・ドル安の1ドル=110円70~80銭でした。

 

米株が軟調で、ドル/円相場が110円台後半の円高推移のため、本日の日経平均は膠着しそうです。想定レンジは5月31日終値19650.57円±100円程度です。日経平均VIの5月31日終値は前日比0.20ポイント低下の13.90と、連日で今年最低を更新しています。多くの投資家が、先行きの日経平均について、上値も重く、下値も堅いと考えているためでしょう。いずれどこかで、上下のトレンドが出てVIも上昇するでしょうが、足元はこのVIの低位安定を前提にした投資方針で良さそうです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ