28日の日経平均は前日比146.32円安の18,234.9円

28日前場の日経平均終値は、前日比146.32円安の18,234.9円

前場の日経平均は8営業日ぶり反落。前週末まで7営業日続伸からの過熱感、円安一服が重しとなり朝方から売りが先行した。その後も円相場が上昇から下げ幅を拡大し、午前11時9分には1万8222円82銭(先週末比158円4銭安)を付け、その後の戻りも鈍い。石油輸出国機構(OPEC)総会を30日に控えてるほか、今週は12月4日のイタリア国民投票、オーストリアのやり直し大統領選挙も控え様子を見る投資家も多いようだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ