仮想通貨を「貨幣」認定へ。仮想通貨関連銘柄全面高

仮想通貨は「モノ」から「貨幣」へ

仮想通貨事情

これまで単なる「モノ」として捉えられてきた仮想通貨だが、金融庁が今後導入する法案では正式に「貨幣」と位置付けられる見通しとなった。

ビットコインが話題となった際に、仮想通貨を「貨幣」と位置付け、国がお墨付きを与えてしまうのは良くないだろうということで「モノ」扱いされてきた経緯がある。

だが、FX(外国為替証拠金取引)初期の時には法規制が後回しとなり取引会社が乱立し混乱を招いてしまった経緯がある。今回の仮想通貨においては早期に対応を図り、法整備を徹底することで同じ過ちは犯さないという金融庁の意向が示された形だ。

仮想通貨を「貨幣」と位置付けることでどう変わるのか

ブロックチェーンと仮想通貨

ビットコインやリップルといった仮想通貨の取引所が届出制、免許制となる可能性が高い。また、新たに仮想通貨を発行する大元も同様の縛りを課せられることとなるだろう。更にそれだけではない。仮想通貨が「貨幣」となり、金融派生商品(デリバティブ)となれば、その販売宣伝を行うアフィリエイターなどにも規制が及ぶこととなる。

こういった規制、法整備を徹底することで仮想通貨のブラックな面をクリアなものとし、健全な普及を目指す動きが強まると予想される。

仮想通貨の法的位置付けが曖昧だった為に参入を躊躇していた上場企業も続々と仮想通貨取引事業をスタートさせてくるかもしれない。FXが急激に広まった時と同じような展開が予想される。

気になる仮想通貨関連銘柄をチェック

>>仮想通貨関連銘柄の特集はコチラ

上記ページ内にて仮想通貨関連銘柄を掲載しているのでチェックして見て欲しい。また、仮想通貨がどういったものなのか、そしてこれからどういった普及を見せ、どういった可能性を秘めているのかも詳しく書いている。これから仮想通貨の取引を検討されている方、仮想通貨関連銘柄への投資を検討されている方は是非熟読していただき、内容を理解した上での取引をおすすめしたい。

仮想通貨関連銘柄と併せて知っておくべき関連テーマ

仮想通貨関連銘柄、フィンテック関連銘柄、そしてビットコインなどの中核をなす技術、ブロックチェーン関連銘柄は併せて理解しておくべきだろう。

>>フィンテック関連銘柄の特集はコチラ

>>ブロックチェーン関連銘柄の特集はコチラ

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ