婚活関連銘柄

婚活とは

婚活

婚活とは「結婚活動」の略で、就職活動の就活と同様に造語して定着しつつある。

この婚活事業はお見合いパーティーや結婚相談所といったものがあり、古くから民間企業により行われてきた。これが最近では少子化対策として行政サービスとしても行われるようになり、需要も増加傾向にある。

安部内閣の「新三本の矢」では「一億総活躍社会」という新たな政策も打ち出され、これには少子化対策も含まれる。少子化を食い止めるにはまず未婚率の下げることが急務。婚活事業は官民共同で盛り上げていくべきテーマとなるだろう。

婚活関連銘柄一覧

コード 銘柄名 企業情報・業務内容
6071 IBJ 婚活のリーディングカンパニー。婚活会員数37万名以上 。婚活サイト、お見合い・婚活パーティー、合コン、結婚相談所などを運営。成婚にこだわった婚活サービスを提供し、地方創生や少子化対策に積極的に取り組んでいる。
2417 ツヴァイ 婚活・結婚相談を手掛ける。イオン(8267)グループで東証二部上場企業。会員数 33078名(2015年2月20日現在)、業界最大級の全国56か所のネットワークを持つ。
6046 リンクバル 「街コン」ビジネスのパイオニア上場企業として、ポータルサイト「街コン ジャパン」の運営やイベントの企画・開催を行う。街コンジャパンは、2011年6月に『街コン』の公式サイトとして、街コンを全国に普及することを目的に創られた街コンイベント専門の情報ポータルサイト。
6181 パートナーエージェント 結婚情報サービス事業では、顧客として入会した会員に対する情報提供、相手の紹介、出会いの機会の提供を行っている。同社のサービスの特色としては、1年以内を目途に結婚相手を見つけたい担当顧客に対し(担当制)、プロセスに手間や時間をかけず費用対効果の高いサービスを求めるニーズに応えるべく、高いコーチングスキルを持ったコンシェルジュがPDCAサイクルに基づく活動支援を行っていること、ならびに料金体系に成功報酬を取り入れていること。
3685 みんなのウェディング 料理レシピコミュニティーのクックパッド(2193)の連結子会社。みんなのウェディングは、結婚式場 選びNo.1口コミサイト「みんなのウェディング」を運営。インターネットでの本音の口コミや本物の費用明細といった、他社にはないユーザーオリエンテッドな情報提供。

 

上昇を続ける未婚率推移。出会いの場が求められる

未婚率
情報源: 未婚率 – 少子化対策 – 内閣府

少子高齢化社会が加速する日本、歯止めが掛からなければ経済の衰退も危ぶまれてくる。少子化対策が急務であり、その一因となる未婚率の上昇を食い止めたいというのが行政の意向。これまで民間に任せっきりであった婚活、出会いの場の提供を地方自治体も積極的に推進するようになった。しかし行政側は婚活ノウハウを知らない為、結局は民間企業に委託、コンサルを仰ぐといった形になっているのが現状だ。こういった背景もあり、婚活関連銘柄は今後益々必要性を増してくるだろう。

 

参加人数100万人を突破。「街コンジャパン」が人気

従来の婚活と言えばお見合いパーティーや結婚相談所だったが新たに「街コン」が人気を集めている。

街コンは、街ぐるみで行われる大型の合コンイベントである。一般的な合コンと異なり、参加者は少ない場合でも100名以上、規模の大きいものでは3000名弱にもなる。同性2名以上で1組となり、開催地区の定められた複数の飲食店を廻る。各店舗でリストバンドなどの参加証を呈示することで、制限時間内であれば定額で飲食が可能という内容で開催されるものが多い。

情報源: 街コン – Wikipedia

この街コンを全国規模で紹介しているサイトがリンクバル(6046)運営する「街コンジャパン」だ。このサイトを利用しての街コン参加人数は100万人を突破し更に増え続けている。話題のピークは過ぎたかもしれないが街コンは新しい婚活ビジネスとして期待されている。

 

マッチングサービス「Omiai」がマザーズ上場取り消し

Omiai

情報源: Omiai – Facebookで安心安全に出会える日本初&最大級の恋活アプリ、登録無料!

2015年9月に上場予定となっていたマッチングサービス「Omiai」が直前で上場取り消しとなった。「Omiai」は大手SNS「Facebook」を利用したマッチングサービスであり、話題の婚活関連銘柄ということでも期待されるIPOだった。直前での申請取り下げ、理由は明記されていないが「事業環境の変化を見た上で上場すべきでない」と自主的に判断したというところだろう。婚活関連として今後の再申請があるかどうかはわからないが似たようなサービスでIPOを狙う企業も出てくるかもしれない。ちなみに上場を果たしていた場合はOmiai(6175)の証券コードとなる予定だった。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「弾丸トレード」!即日急騰期待の銘柄をその日の寄り付き前にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。寄り付きで買って急騰タイミングで利益を確定、デイトレーダー向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ