ZMP関連銘柄アートスパーク(3663)本命へ急浮上

アートスパーク(3663)がZMP株を48万株保有

アートスパークの保有株

情報源: アートスパークホールディングス株式会社

アートスパーク(3663)がZMP関連銘柄の本命として改めて急浮上となった。2月12日に同社が発表した決算において、ZMP株の具体的保有数を公表。ZMP株を48万株保有していることが明確となり注目を集めている。

自動運転関連の本命中の本命でありながら未上場の株式会社ZMP(ZMP Inc.)。同社は年内の株式上場が期待視されている。その出資元、株主である企業はZMP関連銘柄として度々物色されてきた経緯がある。特にアートスパーク(3663)のような時価総額が比較的少ない会社はZMPの上場で企業価値が桁違いに膨れ上がる可能性が高い。

2016年の大注目IPO銘柄となるZMP、その関連銘柄、そして自動運転関連銘柄に関しても今一度しっかりと見ておこう。

【記事補足】 2/18

当サイト読者の方からこちらの記事に関して「アートスパークが持つZMP株は発行数全体から見れば決して多くないのではないか。これで本命と言えるのだろうか。」といった趣旨のご指摘を頂いたので補足します。

アートスパークが持つZMP株(48万株保有)は確かに、ソニー(推定200万株保有)やJVCケンウッド(推定200万株)、その他の株主と比べても少ない方です。ただ、アートスパークの時価総額は他企業よりも桁が一つ少なく、ZMP上場時のインパクトは大きいだろうということで本命視させて頂いた次第です。アートスパークの保有ZMP株の比重が最も大きいという意味ではありませんのでご了承ください。

ZMP株主・出資企業一覧

ZMPは未上場企業の為、全ての株主が公表されているわけではない。現時点で公式発表されている株主、出資元を記載する。

コード 銘柄名 株式保有数・出資状況
8595 ジャフコ 保有株数不明→計434万株?(11月14日追記)
4310 ドリームインキュベータ 保有株数不明→28万4,000株(11月14日追記)
6632 JVCケンウッド 200万株(11月14日確定)
6301 コマツ 保有株数不明→133万2,000株(11月14日追記)
3666 テクノスジャパン 保有株数不明→保有なし(11月14日追記)
3663 アートスパーク 当初240株×2000分割=現在48万株(直近決算で確定)(11月14日確定)
3132 マクニカ・富士エレ 当初800株×2000分割=現在160万株(推定)(11月14日確定)
2432 ディー・エヌ・エー ZMPとの合併会社「ロボットタクシー」の資本金7億円のうち、66.6%をDeNAが出資→株式の保有はなし
6758 ソニー 200万株(推定)→66万6,000株(11月14日追記)
8462 フューチャーベンチャーキャピタル 詳細不明→240万株(11月14日追記)
海外 米インテル 800万株(推定)→640万株(11月14日追記)
イノベーション・エンジン 保有株数不明→保有なし(11月14日追記)
三井住友トラスト・インベストメント 保有株数不明→保有なし(11月14日追記)
エイチアイ アートスパーク(3663)傘下当初280株×2000分割=現在56万株(推定)→保有なし(11月14日追記)
NTTファイナンス 当初270株×2000分割=現在54万株(推定)→保有なし(11月14日追記)

以上が判明している範囲での株主とその持ち株状況。そして出資元の企業一覧となっている。

ZMPは2015年11月に1:2000の株式分割を発表している。この分割が上場を意識した動きであることは確かであり、これによりZMP関連銘柄が大きく注目を集めることとなった。

ZMP関連銘柄一覧

ZMPの株主、出資企業=ZMP関連銘柄と言えるが、業務提携、協業を行っている企業もZMP関連銘柄と言っていいだろう。以前も自動運転・ZMP関連銘柄の特集で関連銘柄を書いたが再度おさらいしておく。

>>自動運転・ZMP関連銘柄の特集はこちら

コード 銘柄名 ZMPとの協業内容
6634 ネクスグループ ZMPの車両情報解析技術とネクスの通信モジュール技術で連携
3663 アートスパーク 子会社の「エイチアイ」がロボット制御用インターフェイスを共同開発
7991 マミヤ・オーピー GPS機能、自動運転技術を活用したゴルフ場芝刈り機向け障害物検知機能を共同開発
2432 ディー・エヌ・エー 合弁会社「ロボットタクシー」を設立
3676 ハーツユナイテッド 自動車業界向けのデバッグ及びデータ収集等実験代行に関する事業を行う株式会社ZEGを設立
6481 THK 物流支援ロボットの共同開発、生産支援、マーケティング・販売という一覧の流れを協業
6632 JVCケンウッド miuro音響設計パートナー企業
6301 コマツ 建設・鉱山機械の無人化・自動運転化で協業
6758 ソニー 自動運転車両用センサー・カメラの開発事業で協業

ZMPは自動運転技術は勿論のこと、物流支援サービスやGPSを活用した位置、環境計測サービス、画像認識技術などITに関連した様々な事業を行っている。

その他のZMP関連銘柄(思惑関連銘柄含む)

ZMPは未上場企業の為、前述した通り株主全てが公表されているわけではない。公式でZMP関連とは断言できないが、ZMPの上場で株価上昇が期待されるその他のZMP関連銘柄も見ておこう。

コード 銘柄名 企業情報・業務内容
8462 フューチャーベンチャーキャピタル ジャフコ(8595)などと同様に、ベンチャーへの投資を行っている同社はZMPへも多額の出資を行っているのではとの思惑が根強い。未だ公式の発表はないが、投資家からはZMP関連銘柄だろうということで注目を集めている。
4667 アイサンテクノロジー ZMPと金銭授受による正式が協業はないとされているがZMPおよび名古屋大学と連携し、名古屋で自動運転の公道実証実験を行っている。
6769 ザインエレクトロニクス 第7回ZMPフォーラムにプラチナスポンサーとして協賛。自動運転やIoT事業においてZMPと連携を強めている。

ZMPの簡単な説明と概要を改めて掲載

logo

株式会社ZMP(ZMP Inc.)はロボット開発のベンチャー企業であり、次世代自動車(自動運転車)だけでなく無人飛行機(ドローン)を含む物流支援ロボット、更にはこれらに用いられるリチウムイオン電池システムといった様々な最新技術の開発を行っている。

株式会社ZMP(ZMP Inc.)概要

種類:株式会社
本社所在地:〒112-0012 東京都文京区小石川5-41-10 住友不動産小石川ビル
設立:2001年1月30日
業種:電気機器
事業内容:カー・ロボティクス・プラットフォーム及びセンサ・システム事業、開発支援事業、実車実験支援事業、コネクティッド・カー事業、大学・企業向け研究用ロボット、ロボット教材
代表者:谷口恒
資本金:387,500,000円
会社ホームページ:http://www.zmp.co.jp

ZMPのIPO(新規株式公開)

IPO

2016年の目玉IPOをして期待されるZMP、そのIPO時期や上場した際に株主がどれ程の利益を得るのかを調べてみた。

ZMPの上場の時期はいつ頃か

早ければ2015年にも上場するのではと言われていたZMPだったが昨年の上場は見送られ、今年2016年のIPO期待が高まっている。2月は既にないと見て間違いないだろうが、承認申請が下りれば1ヶ月程度で上場という可能性もある。早ければ4月、もしくは夏の選挙前で株価上昇が期待されるタイミング、6月ごろということも考えられる。ZMP上場、2016年前半での期待度が非常に高い。

ZMPの初値予想

相場環境にもよるだろうが、ZMPほど期待度の大きい銘柄であれば初値が公募価格の2倍、3倍となってもおかしくはない。仮に公募価格3,000円だった場合、初値が10,000円以上ということも全く非現実的な話ではない。

ZMPの上場による株主への影響

今回話題となったアートスパーク(3663)を例にし、ZMPが上場した場合の影響を考えてみよう。

初値が先に挙げた10,000円を付けた場合、ZMP株を48万株持つ同社は一瞬にして48億円の含み益を抱えることとなる。時価総額約90億(2月時点)の同社にとっては莫大な額であることは間違いないだろう。

ただし、1月4日大発会で同社株が付けた高値2,995円はこういったZMP上場後までを全て考慮した額と捉える見方もある。上場観測が再浮上した際に再びこの高値更新を目指すだろうと考えられるが、ZMPが上場を果たした後まで株価上昇が期待できるとは考え難い。

ZMPのIPO主幹事証券はどこか

ZMPのIPO当選を果たすには主幹事がどこになるかしっかりとチェックしておきたい。

現時点では、あくまでも噂ではあるが昨年の上場見込みが延期となったのには主幹事証券を変更した為との情報がある。

元々は野村証券を主幹事として考えていたらしいが、その後にSMBC日興証券に主幹事変更となったのではないかとのこと。

ZMPのIPO当選を狙うのであれば野村証券、SMBC日興証券は最低でも抑えておきたい。

自動運転関連・ZMP関連銘柄の今後

自動運転

目先、まずはZMPの上場に最大の注目が集まるのは間違いないだろう。しかし、そこが自動運転関連・ZMP関連銘柄のゴールではない。

2020年の東京オリンピックへ向け、自動車メーカー各社、ZMPといった電機機器・IT企業、そして国も一丸となって自動運転の完全導入を目指している。グーグルやアップルといった世界を代表する巨大企業との戦いになるだろう自動運転事業、ZMPが上場を果たしてからも技術開発が激化し、注目は継続していくだろう。

自動運転関連銘柄、それに関係の深いテーマ、IoT関連銘柄、人工知能(AI)関連銘柄、5G関連銘柄、ロボット関連銘柄も併せてチェックしてみて欲しい。

>>IoT関連銘柄の特集はこちら

>>人工知能(AI)関連銘柄の特集はこちら

>>5G関連銘柄の特集はこちら

>>ロボット関連銘柄の特集はこちら

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ