個別銘柄情報(1/12)

関西ペ(4613)、GSは「買い(コンビクション)」でカバレッジを開始
1660円 30円安
ゴールドマン・サックス証券は、同社について、新規に投資判断を「買い(コンビクション)」、目標株価を2300円でカバレッジを開始した。同社はインドにおける自動車用塗料のトップメーカー、建築用(住宅用)塗料でも第2位とプレゼンスは高く、インドの都市人口における可処分所得の拡大が大きな追い風だという。また、塗料は原料の約半分が石化由来であるため、原油価格の長期低迷もマージン拡大につながるそうだ。16/3期末にはネットキャッシュが約800億円に達する見通しで、2016年5月発表予定の次期中計において配当性向の引き上げを予想。

日触媒(4114)、GSは「買い」でカバレッジを開始
7680円 370円安
ゴールドマン・サックス証券は、同社について、新規に投資判断を「買い」、目標株価を10500円でカバレッジを開始した。紙おむつの世界需要は今後5年間、中国を成長ドライバーとして年平均5%の拡大が見込まれる中、同社の営業利益は今後3年間で年率19%、5年間では13%の増益を遂げると考えたという。姫路、ベルギーでの能力増強により、需要増に対応する生産体制も盤石と見たそうだ。現株価は2017/3期予想EV/EBITDA5.3倍、同PER11倍と過去10年の中央値6.6倍/13倍を下回り、割安感が強いという。

ホシザキ(6465)、GSは投資判断を引き上げ
7820円 220円高
ゴールドマン・サックス証券は、同社の投資判断を従来の「中立」から「買い(コンビクション)」に引き上げ、目標株価を同8700円から10000円に引き上げた。国内は営業/サービスネットワークを活かした厨房機器市場でのシェア拡大が継続、北米では業務用冷蔵庫の拡販が今後の成長を牽引すると考えたという。アジアを中心とした新興国では、買収子会社において普及価格帯製品の製造が本格化、各国で内需拡大の恩恵を取り込めると見たそうだ。

安川電(6506)、GSは投資判断を引き上げ
1424円 6円安
ゴールドマン・サックス証券は、同社の投資判断を従来の「中立」から「買い(コンビクション)」に引き上げ、目標株価を同1460円から1850円に引き上げた。今期の利益成長を牽引してきたロボット事業に続き、来期以降はMC事業の新商品投入による構成改善や需要上振れが利益成長を支えていくと考えたという。MC事業の構成改善が可能との前提を新たに織り込み、16/3-18/3期営業利益を0%/11%/23%増額したそうだ。

ダイキン(6367)、GSは投資判断を引き上げ
7804円 144円安
ゴールドマン・サックス証券は、同社の投資判断を従来の「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価を同8400円から9700円に引き上げた。中国を中心に同社空調事業を取り巻く環境は順風満帆と言い難いが、日欧の好転もあり同社は今期会社計画/中計目標で掲げている利益目標を達成すると予想したという。GS予想前提における費用抑制効果を従来比増額し、営業利益予想を0%/0%/+6%増額修正したそうだ。

トクヤマ(4043)、CSは投資評価を引き下げ
231円 10円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価を従来の「Neutral」から「UNDERPERFORM」に引き下げ、目標株価220円は据え置いた。同社の業績および株価のカタリストである太陽電池用ポリシリコンスポット市況は、同社の現在のキャッシュコスト(CS推定で1キログラム当たり20ドル)を下回る同13.07ドルまで低下しており、トクヤママレーシアの営業赤字は18/3期まで残る見通しだという。スポット市況低迷が続くと、マレーシア2期プラントの減損リスクが来期以降は懸念材料になると考えたそうだ。

イオンFS(8570)、CSは目標株価を引き下げ
2412円 87円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価は「NEUTRAL」に据え置いたが、目標株価を従来の2520円から2355円に引き下げた。12月22日から24日にかけて発表されたマレーシア、タイ、香港の3子会社の決算、国内の月次取扱高を背景に、同社の主に17/3期以降の業績予想を下方修正したという。アジア事業の資産の質の悪化とアジア通貨安による円ベース利益の目減りがリスクだそうだ。

イオンモール(8905)、SMBC日興は目標株価を引き下げ
1885円 92円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の2600円から2500円に引き下げた。既存モール売上は前年割れが続き低調だという。一方、新店効果やOPA子会社化で、16/2期以降は営業最高益更新の見通しだそうだ。海外事業の黒字化が今後の期待材料だという。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

2 Responses to “個別銘柄情報(1/12)”

  1. 広岡律子 より:

    ありがとうございますm(__)m
    すみません、ツイッターで拝見しまして、是非勉強させて頂きたいと思います。
    縁の集まりについて何か教えて頂けるとありがたいです。
    宜しくお願い致しますm(__)m

    • カブ知恵運営部です。

      コメントを見逃しておりました。返答遅くなってしまい申し訳ございません。

      縁の集まりは六本木一丁目駅にある中華料理店で行われる勉強会と聞いています。
      1ヶ月に1度、多くの投資家が集まり情報交換を行うようです。

      ご参加されました際にはコメントなどで感想をお教えいただけると幸いです。

      宜しくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ